天ぷらバスボランティアチーム<いわきコットンプロジェクト>第3班 を終えて

レポート2012/08/05
  • 日程
    2012年6月30日(土)〜7月1日(土)1泊2日
  • 場所
    福島県(いわき市)

6月30日(土)〜7月1日(土)の1泊2日で、オーガニックコットン栽培畑にて、草取りのお手伝いをしてきました。1日目は、木紅木さん畑、2日目は、遠野為朝集落にて草取りのお手伝いをしてきました。 発芽がなかった場所には、ポットで育てた苗を補植作業を行いました。
11月はオーガニックコットンの収穫ツアーを行います。ぜひご参加ください。

2012年8月5日 松本 麻美子

天ぷらバスボランティアチーム<いわきコットンプロジェクト>第3班

2012年6月30日(土)〜7月1日(土)1泊2日

天ぷら油バスの前で、ザ・ピープル吉田さんと一緒に集合写真。

天ぷら油バスの前で、ザ・ピープル吉田さんと一緒に集合写真。


さやえんどうの収穫のお手伝いもしました。

さやえんどうの収穫のお手伝いもしました。


たくさん収穫できました。

たくさん収穫できました。


遠野為朝集落のオーガニックコットン畑の草取りも完了です。

遠野為朝集落のオーガニックコットン畑の草取りも完了です。

※ツアー中の他の写真はfacebookをご覧ください。

カテゴリから関連する記事をさがす
お知らせレポート
タグから関連する記事をさがす

タグはありません。

「オーガニックコットン援農・交流ツアー」のご紹介

イベント2012/07/20
  • 日程
    2012年8月4日(土)~5日(日)
  • 場所
    福島県いわき市

天ぷら油リサイクルバスを使った復興支援活動をご紹介します。

ふくしま支援・人と文化ネットワーク」さんが、いわき市のNPO「ザ・ピープル」さんとの共同事業として、援農と農家の人たちとの交流イベントを企画しています。
福島は原発事故だけが大きく報道され、その陰で暮らしている人たちの日常生活については、あまり報道されていません。
ぜひ、この機会に津波被災の状況、農家の人たちの悩みと課題を聞き、さらに交流を通して、今後の福島のあり方について共に知恵を出し合っていきたいという活動です。

*日時:8月4日(土)~5日(日)
*集合時間:8時20分(8時30分出発)
*集合場所:有楽町駅近く「鍛冶橋駐車場」
*参加人数:40人
*バス:家庭からの天ぷら油を回収・リサイクルした軽油で走る大型バス。
助成金を得ましたので、バス経費は無料となります。
(助成金に含まれるもの:保険、バス経費、運転手経費)
*費用:宿泊費(シングル7000円・ツイン5000円)と食費
*現地コーディネート:NPO法人ザ・ピープル 吉田恵美子理事長
*宿泊:「湯の岳山荘」 いわき市常磐藤原町湯ノ岳2-1  電話 0246-44-3273
*詳細・ご応募についてはこちらをご覧ください

主催:ふくしま支援・人と文化ネットワーク

えねぱそカーボンオフセットエコツアー 第1回長野県飯田市編

国内ツアー2012/07/20

〈終了しました。10月ツアーをお楽しみに!〉 バイオ燃料100%の天ぷら油リサイクルバスで行く、グリーン電力証書「えねぱそ」おひさま発電所と飯田市周辺を巡るエコツアーです。

  • 日程
    2012年8月25日(土)〜26日(日)1泊2日
  • 場所
    長野県飯田市

今年7月から日本でも再生可能エネルギー固定価格買取制度がスタートしました。
この制度は、再生可能エネルギーによって発電された電気を、一定の期間、一定の価格で電気事業者が買い取ることを義務付けるもので、この買取に要した費用は、消費者が電気代の一部として負担することになります。社会全体で再生可能エネルギーを普及・拡大していくためには私たち全員が現実を正しく理解することが不可欠です。
そのために個人向けグリーン電力証書「えねぱそ」が誕生しました。
グリーン電力証書は、設備を持っていなくても、太陽光や風力、バイオマス、小水力、地熱などの自然エネルギーによって発電された電力を認められるシステムです。石油や石炭などの化石燃料の枯渇を防止するほか、発電時にCO2を排出しない、酸性雨などの健康被害を防ぐなどの効果があります。
そこで最先端の現場を見て、聞いて、語りあうためのエコツアーが誕生しました。
バイオ燃料100%の天ぷら油リサイクルバスで行く、グリーン電力証書「えねぱそ」おひさま発電所と飯田市周辺エコツアー<略称:えねぱそカーボンオフセットエコツアー 第1回長野県飯田市編>。
この機会を利用して、通常、個人ではなかなか体験できない時間をお楽しみください。

エコツーリズム・プロデューサー
壱岐 健一郎

■スケジュール(予定)

 

日程(2日間)

食事

 

1

8/25

(土)


 

07:30 新宿駅西口付近集合

08:00 新宿駅西口出発

11:30 諏訪湖SAで各自昼食

13:00 各施設見学

【見学予定施設】

伊賀良公民館、児童センター、鼎みつば保育園、明星保育園、おひさま進歩エネルギー、飯田市公民館、個人住宅「森本邸」、風の学舎

19:00 風の学舎にて交流会(飲料は別途)

<風の学舎>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2

8/26

(日)

 

 

地元のパン屋にて各自朝食

【見学予定施設】

かぐらの湯&和田保育園 または 大鹿村公民館&赤石荘

各自昼食

14:00 現地(飯田)出発

18:30頃 新宿駅西口付近到着・解散予定

 

 

 

 

 

※訪問先は調整中のため、変更になる場合があります。予めご了承ください。

■同行講師
竹村英明氏
(株式会社エナジーグリーン副社長)
壱岐健一郎
(NPO法人エコツーリズム・ネットワーク・ジャパン代表理事)

(さらに…)

立山町『農家民泊体験モニターツアー』

国内ツアー2012/07/19

終了しました。

  • 日程
    2012年8月22日(水)~23日(木)1泊2日
  • 場所
    富山県立山町

■スケジュール
8月22日(水)
14:00 五百石駅(元気交流ステーション”みらいぶ”)集合
*集合後”みらいぶ”の見学
14:10 五百石駅出発
14:30 越中瀬戸焼の伝承館『陶農館』にて陶器づくり体験
16:30 民泊受入家族と合流(陶農館にて)

受入家族と共に各民泊先へ移動
各民泊先で夕食、懇談、入浴

8月23日(木)
朝食後、農家体験(朝食前の場合有)
10:30 受入家族の車にて『よしみね温泉交流館』に集合
10:30 ノルディックウォーキング体験
12:00 よしみね温泉で入浴後、解散

≪『農家民泊』の注意事項≫
*宿泊先は一般の民家です。礼儀正しい対応をお願いします。
*宿泊施設ではないため、洗面用品、タオル、寝間着などはご持参ください。
*各家庭に2名程度の分宿となります。各家庭に負担にならない程度のお土産をご持参ください。(お住まいの名物が良いと思います)
*翌日の午前中に農作業(軽作業)を行いますので、作業着をご持参ください。(スウェットで可です)

*事前に宿泊予定のご家庭を決定することはできません。アレルギーなどがある場合は事前にお申し出ください。


■参加費用
大人2,000円 小人1,000円
※費用の大半は立山町が負担しています。
※費用に含まれるもの:(立山町内の個人宅1泊2食/現地での交通費/旅行傷害保険)
※現地集合解散場所「立山町五百石駅」までの交通費は自己負担となります。

■参加条件
終了後にアンケートと簡単な感想文の提出にご協力いただきます。

■受付〆切
※定員になり次第締め切らせていただきます。

(さらに…)

天ぷらバスボランティアチーム 〈いわきコットンプロジェクト〉大学生編

国内ツアー2012/07/17

定員になりました。

  • 日程
    2012年9月19日(水)
  • 場所
    福島県いわき市

2012年4月、原発事故による被害に苦しむ地域への少しでも役に立つために、オーガニックコットンを栽培する「いわきコットンプロジェクト」がはじまり、リボーンも仲間に加わることにしました。いわき市の市内各所から、10反以上の農地がこのプロジェクトに手を上げています。
いわき市への現地確認を繰り返し、特定の地域や時期に注意すれば放射線量も東京と変わらないとわかり、ボランティアツアーを継続的に実施しています。
いわき市は放射線量が低いにも関わらず、農家は風評被害を受けています。当ツアーに参加することで、いわき市の農家の新たな取組みを知り、体験し、応援し、いわきららミュウなどの観光施設で買い物してお金を地元に落とす。そして、いわき市の良さを知り、継続的、持続的にいわきを訪れていただきたいいった趣旨のもと、7月からはいわき市旅行商品販売促進支援事業としてツアーを行っています。
皆さんも、地元の方々と一緒に農作業で汗をかき、このプロジェクトに参加してみませんか?
(コットン栽培地は、変更になる場合もあります。)

■参加費用
5,000円
※ボランティア保険は含まれておりません。
※昼食あり

■募集人員
25名(最少催行人員20名)

■スケジュール
07:30 新宿駅西口 集合・出発
10:30 遠野為朝集落集合 農作業(草取りを予定)
12:30 農家の皆さんと交流昼食会
14:00 いわき市内見学(塩屋崎岬、いわきららミュウ、アクアマリンふくしまなど)
16:00 現地出発
19:30 新宿駅西口 到着・解散予定
※天候や交通状況などの事由により変更となる場合があります。

■協力
NPO法人エコツーリズム・ネットワーク・ジャパン、NPO法人ザ・ピープル、 株式会社AVANTI、ふくしま支援・人と文化ネットワーク ほか

※このツアーは、いわき市旅行商品販売促進支援事業として旅行費用の一部をいわき市に負担いただいており、参加費用に反映させていただいております。

(さらに…)

「えねぱそ」交流会を開催!「シェーナウの想い」上映&ゲストに池田香代子さん!

イベント2012/07/10
  • 日程
    2012年7月20日(金)
  • 場所
    四谷地域センター12F多目的ホール(東京都新宿区内藤町87)

リボーンでは、リボーンではエナジーグリーン株式会社が発行する『グリーン電力証書』を販売することや、『グリーン電力証書』を使ったエコツアーに企画したり、ツアー中の『自然エネルギー勉強会』に開催することで、皆様が普段使うエネルギーも見つめ直していただけるよう提案しています。(詳細はこちら

個人向けグリーン電力証書「えねぱそ」発売から半年余。500枚突破が目前で、25万kWhがグリーン電力化されようとしています。そこで、関係者や興味のある人が一同に会し、さらにグリーン電力を広めて行くきっかけにしたいと思います。第1部では、映画でドイツの先進事例に学び、第2部では、池田香代子さんをゲストにお迎えし、飲食を楽しみながら、トークやスピーチで交流を深めたいと思います。お誘いあわせのうえ、奮ってご参加ください。

日時:2012年7月20日(金) 18:15~21:00(開場18:00)

会場:四谷地域センター12F多目的ホール(東京都新宿区内藤町87)
※四谷区民ホールが9Fにあるビルの最上階です。
※地下鉄丸ノ内線「新宿御苑前」駅2番出口(大木戸門口)より徒歩5分
新宿通りを四谷方面に進み新宿一丁目交差点角(大木戸門そば)

内容:
第1部:「シェーナウの想い」上映(18:15~19:15)
第2部:「えねぱそ」交流会(19:20~21:00)
①池田香代子さん×竹村英明さん「えねぱそ」トーク
②パートナー&スタッフ紹介
③出席者ひとことスピーチ
④表彰式&アトラクション(下記◆参照)

会費:第1部=無料(第1部のみ、第2部のみの参加も可能です)
第2部=「えねぱそ」会員1500円(会員証をお持ちください)
学生=1500円(学生証をお持ちください)
一般=2000円(どなたでも参加できます)
※立食形式で飲食をご用意します。

申込:7月16日(火)までに こちらのメールフォーム か もしくは、FAX 020-4666-4343 あてにお申し込みください。

主催:エナジーグリーン(株)
共催:えねぱそパートナーズNPO法人エコツーリズム・ネットワーク・ジャパン

備考:会場はスリッパに履き替えるつくりになっています。夜景がきれいな会場です。

◆表彰式
昨年度(2011年4月~2012年3月)、ご自宅の使用電力を100%「えねぱそ」でグリーン電力化できた方は、7月12日(木)までに、こちらのメールフォームから消費電力量をお知らせください。当日マスター会員として表彰し、記念品(グリーン電力付特製エネループ充電器セット)を贈呈します。

なお、当日お越しの方で、えねぱそ通算購入枚数が一番多かった方にも記念品を差し上げます。

◆アトラクション
今年度(2012年4月分~)の「電気ご使用量のお知らせ」で、使用量が一番小さかったものを1枚お持ちください。家族の人数で割って、一番使用量が少なかった方にも記念品を差し上げます。そして、もちろん最後は全員ジャンケンも?!

●映画紹介/ シェーナウの想い~自然エネルギー社会を子どもたちに
ドイツにある小さなまちシェーナウの親たちが、チェルノブイリ原発事故をきっかけにドイツ史上初の自然エネルギーの電力供給会社を誕生させるまでの軌跡を綴るドキュメンタリー。2008年ドイツ製作(60分)。

●ゲスト&ホスト プロフィール
池田香代子さん
・翻訳家・ドイツ文学者・児童文学者
・ 『世界がもし100人の村だったら』著者
・平和運動家・エッセイスト
・「えねぱそ」愛用者

竹村英明さん
・環境エネルギー政策研究所(ISEP)顧問
・東日本大震災つながりぬくもりプロジェクト 事務局長
・eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)アドバイザー
・エナジーグリーン株式会社副社長
・「えねぱそ」考案者

カテゴリから関連する記事をさがす
お知らせイベント
タグから関連する記事をさがす

タグはありません。

天ぷらバスボランティアチーム 〈いわきコットンプロジェクト〉第5班

国内ツアー2012/07/01

終了しました。秋の収穫をお楽しみに!

  • 日程
    2012年8月12日(日)日帰り
  • 場所
    福島県いわき市

2012年4月、原発事故による被害に苦しむ地域への少しでも役に立つために、オーガニックコットンを栽培する「いわきコットンプロジェクト」がはじまり、リボーンも仲間に加わることにしました。いわき市の市内各所から、10反以上の農地がこのプロジェクトに手を上げています。
いわき市への現地確認を繰り返し、特定の地域や時期に注意すれば放射線量も東京と変わらないとわかり、ボランティアツアーを継続的に実施しています。
いわき市は放射線量が低いにも関わらず、農家は風評被害を受けています。当ツアーに参加することで、いわき市の農家の新たな取組みを知り、体験し、応援し、いわきららミュウなどの観光施設で買い物してお金を地元に落とす。そして、いわき市の良さを知り、継続的、持続的にいわきを訪れていただきたいいった趣旨のもと、7月からはいわき市旅行商品販売促進支援事業としてツアーを行っています。
皆さんも、地元の方々と一緒に農作業で汗をかき、このプロジェクトに参加してみませんか?
(コットン栽培地は、変更になる場合もあります。)

■参加費用
5,000円
※ボランティア保険は含まれておりません。
※昼食あり

■募集人員
45名(最少催行人員25名)

■スケジュール
07:30 新宿駅西口 集合・出発
10:30 遠野為朝集落集合 農作業(草取りを予定)
12:30 農家の皆さんと交流昼食会
14:00 いわき市内見学(塩屋崎岬、いわきららミュウ、アクアマリンふくしまなど)
16:00 現地出発
19:30 新宿駅西口 到着・解散予定
※天候や交通状況などの事由により変更となる場合があります。

■協力
NPO法人エコツーリズム・ネットワーク・ジャパン、NPO法人ザ・ピープル、 株式会社AVANTI、ふくしま支援・人と文化ネットワーク ほか

※このツアーは、いわき市旅行商品販売促進支援事業として旅行費用の一部をいわき市に負担いただいており、参加費用に反映させていただいております。

(さらに…)

天ぷらバスを利用いただいたエコメッセ西東京さんがツアーの様子をHPでご紹介くださいました。

レポート2012/06/21
  • 日程
    2012年5月29〜30日
  • 場所
    岐阜県多治見市

天ぷら油リサイクルバスを利用いただいたエコメッセ西東京さんが、ツアーの様子をHPでご紹介くださいました。

1泊2日で、陶器の街、岐阜県多治見市へ「お茶碗リサイクルツアー」――。
5月29日、30日、エコメッセ西東京が西東京市で一緒にお茶碗リサイクル活動をしている「ごみ資源化市民会議」とともに、お茶碗リサイクルの過程を見学に行きました。

環境まちづくりNPOエコメッセ

ツアーの様子はこちらをご覧ください。

カテゴリから関連する記事をさがす
お知らせレポート
タグから関連する記事をさがす

タグはありません。

スウェーデンの民主主義と若者〜環境党の事例から

イベント2012/06/13
  • 日程
    2012年6月17日(日)14:00〜16:00
  • 場所
    東京都新宿区歌舞伎町2-19-13 ASKビル4・5階

2012年2月4日(土)~11日(土)8日間の「持続可能な社会を目指すスウェーデン市民と出会う旅」で、留学生という立場で現地の若手議員との繋ぎ役をしてくださった小串聡彦さんが生活者ネットワークのセミナーでスウェーデンについてお話しされます。

原発是非を国民投票で問うたスウェーデン。18歳から選挙権、被選挙権があり、20代の投票率が70%を超えるスウェーデン。スウェーデンの環境党に入り、実際に現地で同世代の若者とも政治活動をしている小串氏を報告者に招き、スウェーデンの民主主義と若者をテーマに情報共有をします。なぜ若者の政治参加が活発か日本と何が違うか考えます。

報告者:小串 聡彦さん
(ウプサラ大学•国際政治の修士課程に在籍。主にヨーロッパでの国際関係を研究。スウェーデン環境党党員 ウプサラ大学修士2年。)

日時:2012年6月17日(日)14:00〜16:00

場所:東京・生活者ネットワーク4階会議室

参加費:300円

主催:昭島・生活者ネットワーク

問合せ:担当おおたけ 090(2935)4269 otaka@aurora.dti.ne.jp

現在、募集中のスウェーデンツアーは以下になります。

未来に希望のもてる教育とエネルギー政策を求めて!
持続可能な社会を目指すスウェーデン市民と出会う旅

■日程 2012年9月8日(土)~15日(土)8日間

カテゴリから関連する記事をさがす
お知らせイベント
タグから関連する記事をさがす

タグはありません。

「さわのはは×まけるまい」田植え&交流ツアー2012 が河北新報で紹介されました。

メディア2012/06/12
  • 日程
    2012年6月4日(月)

2012年6月1日(金)~3日(日)に実施した「さわのはは×まけるまい」田植え&交流ツアー2012 の様子が河北新報で紹介されました。【紙面はこちら
秋の収穫は9月14〜16日2泊3日(車中一泊含む)で行う予定です。ぜひご参加ください。

「さわのはな×まけるまい」 田植え&交流ツアー2012
2012年6月1日(金)~3日(日)2泊3日※車中1泊含む

ツアーレポート(参加者の感想)はこちら

カテゴリから関連する記事をさがす
お知らせメディア
タグから関連する記事をさがす

タグはありません。