【グリーンツアー】収穫から始める体験農家レストラン(秋編)ツアー 

国内ツアー2010/10/30

終了しました。 来年の春のツアーをお楽しみに!

  • 日程
    2010年10月30日(土)日帰り
  • 場所
    山梨県富士河口湖町・富士エコパークビレッヂ

太陽光パネルや風力発電、パーマカルチャー(植物や自然環境の特徴を生かして、農地や暮らしのスペースを設計する)の畑などを備えた、循環型の暮らしの体験スペース「富士エコパークビレッヂ」。富士エコの畑から野菜を収穫して、参加者みんなでクッキング!旬の野菜たちを思う存分味わったら、午後はのんびりくつろぎタイム。希望者には施設を案内しますので、自然エネルギーやパーマカルチャーの仕組みもバッチリわかります。電気自動車にも乗れちゃうかも?!


富士エコ名物の大根が収穫時を迎える10月。健康な土から野菜を収穫し、新鮮野菜を調理しましょう。空気もさわやかなこの季節、秋晴れの富士山に期待!天気が良ければ電気自動車や電気バイクに乗車もできます!循環型の暮らしを体験しに行きましょう!


また、このツアーは弊社社長 壱岐健一郎が非常勤講師を務める武蔵野大学の学生も参加するため、「エコツーリズム実習」として国内海外のエコツーリズム事情などを、お話させていただきます。


☆富士エコパークビレッヂはこんなところ☆

「自然の力を引き出して利用する、省エネライフを実現」



 

富士エコのオーナー・今井雅晴さんは電気の専門家としてこんなことを考えていました。「CO2排出量を削減するにはどうしてたらいいか」。そして彼は1998年にオーストラリアを訪れ、目からウロコが落ちるような体験をします。それが「パーマカルチャー」との出会いでした。パーマカルチャーは気候や土地条件などの自然環境、動植物や微生物、伝統の知恵や最新の技術を組み合わせた、循環型の暮らしのデザイン。例えば、太陽の運行角度にあわせて庇の長さを調節したり、その土地にある材料を使って家を造ったり、植物や微生物を使って水の浄化システムをつくったり、太陽光や風力発電を使ったりして、環境へのダメージとエネルギー消費を少なくしているのです。しかも遊び心いっぱいでオシャレ!今井さんはその素晴らしさと楽しさを伝えたいと、翌1999年に富士西麓に土地を購入して富士エコをつくったのでした。今では常駐スタッフや地元スタッフにウーファーや長期滞在者が加わり、賑やかに農的ライフを楽しんでいます。
■参加費
大人 7,000円

小人 5,000円 (小学生以下)

*   昼食、材料費込み

新宿発着天ぷらバス代込み

幼児は無料(座席、食事、体験なし)

■募集定員

25名(最少催行人員10名)

■行程

08:00 新宿出発

10:30 富士エコパークビレッヂ到着

18:30 新宿到着予定

交通状況などの事由により行程が変更する場合もあります。ご了承ください。

 

『グリーンツアーって何?』⇒[詳細]

富士エコパークビレッヂ ツアー情報

ウラ面(今後の日程など)

 

申込書




【グリーンツアー】秋の味覚・きのこスペシャル

国内ツアー2010/10/24

終了しました。 次回ツアーは12月4日です!

  • 日程
    2010年10月24日(日)日帰り
  • 場所
    千葉県君津市・森林塾かずさの森

秋の森はごちそうがいっぱい。落ち葉の中から顔を出すきのこもそのひとつ。この日は森の中にきのこを探しに出掛け、収穫した物をすぐに調理します。自分で穫ったきのこはおいしいゾ!

 

☆森林塾かずさの森はこんなところ☆

「昭和30年代の生活体験スペースを、森の中につくりたい」

かずさの森は房総半島のほぼ真ん中にあり、山の中に50万㎡の敷地を持っています。ここは植樹が70%をしめるものの、天然の滝が3つ、池が4つある自然の宝庫。イノシシ、サル、シカの他、ホタルやアオモリガエル、トウキョウサンショウウオなどの貴重な生物が棲息していて、春は山菜、秋はきのこ、冬はシシ鍋と、四季折々の森の恵みをいただける、森遊び&暮らしの体験スペースになっています。代表の岩田さんは、自分で森の木を切り出し、ログハウスなど敷地内の施設を全部手づくりしました。森のことなら何でも知っている森の達人です。また、湧き水でお米を育てたり、イノシシや魚をとるなど、自給的な暮らしを実践している人でもあります。岩田さんが目指す昭和30年代の生活は、今より地球と共生する生き方が身近だった時代。衣食住と必要なエネルギーを身近で調達することができました。岩田さんはかずさの森で、そんな暮らしの体験を子どもたちに伝え続けています。



■参加費

大人 7,000円

小人 5,000円 (小学生以下)

昼食、新宿発着天ぷらバス代込み

幼児は無料(座席、食事、体験なし)

■募集定員

25名(最少催行人員10名)

■行程

08:00 新宿出発

10:00 森林塾かずさの森到着

18:30 新宿到着予定

*交通状況などの事由により行程が変更する場合もあります。ご了承ください。


森林塾かずさの森 ツアー情報

ウラ面(今後の日程など)

申込書

(さらに…)

【グリーンツアー】黒大豆の枝豆収穫&豆腐づくり体験エコツアー

国内ツアー2010/10/23

終了しました。 1月ツアーをお楽しみに!

  • 日程
    2010年10月23日(土)日帰り
  • 場所
    千葉県神崎市

天然酒でおなじみの酒蔵・寺田本家。映画『降りてゆく生き方』のモデルのひとつにもなり、ますます注目を集めている千葉県神崎町では、「発酵の里 こうざき」をテーマに地産地消の地域づくりが進んでいます。

キーワードは、地元産のオーガニック農産物と発酵食品。

こうざき自然塾の鈴木さんの畑での枝豆収穫は、なんと黒大豆。昨年の「土と平和の祭典」でも販売し、売切れました!とれたての枝豆付きのお昼ご飯を食べた後は、鈴木さんの大豆で豆腐づくり体験。その後、うまいと評判で売切れてしまうほど人気の地元の豆腐屋「月のとうふ」を訪問し、豆腐づくりを体験します。

 

酒蔵・寺田本家の見学も!!

☆発酵の里・こうざきはこんなところ☆

「微生物と共生する発酵で、地産地消の地域づくり」

「発酵」をキーワードに地域づくりをすすめる神崎町。平成の大合併をくぐり抜け、千葉県で一番小さな町として残ったここは、かつては多くの酒蔵が立ち並ぶ発酵の町として栄えていましたが、今では「寺田本家」と「仁勇」の2つが残るのみ。機械や消毒薬の使用をやめ、昔ながらの手仕事での酒寺込みを復活させた「寺田本家」は、当主寺田啓佐さんの著書『発酵道』や、『発酵道』をモデルのひとつにしている映画『降りていく生き方』で、さらなる注目を集めるようになりました。寺田本家が中心となって毎年3月に開催している「お蔵フェスタ」には、人口6,600人程の小さな町に、3万人を越える人がやってくる一大イベントに成長しました。そんな神崎町の魅力を掘り起こし、もっと広く伝えていこうと立ち上がったのが「こうざき発酵の里協議会」。「発酵」をキーワードに、有機農産物の生産と加工を結びつけた、地産地消の食づくりが、若い世代を中心に支持を集めています。

 

地元住民と移住者が一緒になって町を元気にしている取り組みは、あなたの地域でも参考になるはず。ぜひご参加ください。

■参加費

大人 7,000円

小人 5,000円(小学生以下)

昼食、新宿発着天ぷらバス代込み

■募集定員

25名(最少催行人員10名)

■行程

 


[08:00] 新宿駅西口出発=こうざき自然塾

[10:00] にて、枝豆収穫と豆腐づくり・昼食

月の豆腐訪問と買い物

[15:30] 出発

[18:00] 新宿駅西口到着予定
※交通状況などの事由により行程が変更する場合もあります。ご了承ください。


 






 

こうざき発酵の里協議会 ツアー情報

ウラ面(今後の日程など)

 

申込書

 

(さらに…)

シュタイナー学園の「あしたの国まつり」を天ぷらバスで訪ねるエコツアー

イベント2010/10/23

終了しました。

  • 日程
    2010年10月23日(土)日帰り
  • 場所
    千葉県長生郡長南町・あしたの国シュタイナー学園とピクニック広場周辺

「あしたの国まつり2010 つなげよう、あしたへ 」

待ちに待った祭りです。この秋、あしたの国では「あしたの国まつり」を企画しています。
都会の喧噪から離れた緑豊かな里山には、少しずつ手を入れて、

子どもたちの大好きなピクニック広場があり、ツリーハウスづくりも進行中です。

子どもたちも成長を支える大人たちも、自然の恵みをいっぱいに受け、元気です!
今年も、たくさんの方に「あしたの国」を知っていただきたいという思いで心を込めて、
保護者の方を中心に『あしたの国まつり』の準備をしています。

普段ひっそりと子どもたちを見守る里山をまつりのために開放し、手作りのおいしいもの、おもちゃなどを用意し、皆さまをお迎えしてくださいます。

朝の「はじまりの会」から、15時の「さよならの会」までの一日を、

あしたの国の里山と学園でお過ごしください。

今回、初めての試みですが、保護者の方からのリクエストがあり、

【天ぷらバス】の東京からの日帰りバスツアーを企画しました。

東京から学園まで直接お越しいただけます。環境に優しいバスツアーを、どうぞご検討ください。


☆ツアー参加特典1☆

ツアーにご参加のお客様に限り、トークセッション・人形劇・ライアーコンサートのいずれかに入場できる1000円分の有料プログラム優待券をプレゼントいたします。

 

☆ツアー参加特典2☆

優待券のほかに、小さなお土産もつきます。

 

☆ツアーお徳情報☆

車内では、学園保護者によるあしたの国の予備知識と当日の詳しい説明が聞けます。

※東京駅から特急電車とバスで往復した場合5260円。(片道内訳:JR普通乗車券1280円プラス特急自由席料金900円と路線バス450円)


■日程:

2010年10月23日(土) 10時から15時(雨天時、学園のみで決行)

■場所:

NPO法人あしたの国まちづくりの会

あしたの国シュタイナー学園とピクニック広場周辺 (千葉県長生郡長南町)

■募集定員:

45名(最少催行人員:30名)

■参加費用:

大人6,000円

小人4,000円(小学生以下)

(往復天ぷらバス代、保険代、旅程管理費)

※片道のみのご乗車も半額にて受付させていただきます(ツアー特典はつきません)

■行程:

東京駅出発 8:00=<天ぷら油バス:あしたの国>=18:00 東京駅帰着

☆☆<まつりの内容>☆☆

<<シュタイナー学園にて>>
○あしたの国の歴史紹介、教室展示、手仕事体験、
○昔あそびコーナー、手作り品などの模擬店。
○トークセッション:

NPO法人あしたの国まちづくりの会・理事の子安美知子とマクロビオティック第一者でブラウンズフィールド主宰の中島デコによる豪華な対談。
○人形劇:

ウォルドルフ人形作家でシュタイナー園の保育士である角口さかえが演じるファンタジーの世界。
○ライアーコンサート:

癒しの調べを市川ライアーの会の演奏でお楽しみください。

≪ピクニック広場にて≫
竹ドームの中で遊びましょう!アースオーブンでピザやパン、ケーキを
焼きましょう! ※悪天候の時は計画に変更がある場合もございます。

09:55 開場
10:10~10:20 オープニングイベント
10:30~11:30 子安美知子と中島デコのトークセッション

要予約 大人\1,000 子ども無料
11:40~12:10 ウォルドルフ人形作家、

保育士の角口さかえによる人形劇

要予約 大人\1,000 子ども \500(三才以下無料)

13:20~13:40 市川ライアーの会によるライアーコンサート

要予約 大人\1,000 子ども\500

14:20~14:50 ウォルドルフ人形作家、

保育士の角口さかえによる人形劇

要予約 大人\1,000 子ども\500(三才以下無料)
14:55~15:00 さよならの会

(予定は講師や天候などの都合で変更する場合もございます。)


≪まつり内での有料イベントはオプション料金となり予約制ですので

イベント内容 を確認の上、あしたの国まつり

(リンク先 contact.ashitanokuni@gmail.com ) よりお申し込みください≫

●その他詳細はNPO法人あしたの国まちづくりの会ブログ
http://morgenhp.jugem.jp/

★あしたの国ホームページhttp://www.ashitanokuni.jp/
お問い合わせ;あしたの国まつり実行委員
contact.ashitanokuni@gmail.com

申込書

(さらに…)

どんぐりプロジェクト2010 秋のスクール「森のめぐみで楽しもう!」

国内ツアー2010/10/16

受付終了しました! 来年の春のスクールをお楽しみに!!

  • 日程
    2010年10月16日(土)日帰り
  • 場所
    長野・東京ガスの森(長野県北佐久郡御代田町)

●定員:55名(事前申込み・抽選制)

※原則的に小学生以上の方が対象です。18歳以下の方は、保護者同伴でお申し込みください。

●参加費:高校生以上 4,000円 小学生・中学生2,000円 (税込み、事前振込み)

※参加費に含まれるもの:池袋からの往復バス代・体験プログラム代・保険代

●当日のスケジュール  スクールのお申し込み・お問合せ

詳しくはコチラをご覧下さい。 森の様子はコチラでご覧ください。

●応募締め切り 9月17日(金)※延長しました!

●集合解散場所 集合 池袋サンシャインシティ60文化会館1階バス乗り場
解散 池袋駅西口付近

(さらに…)

藤枝 農ツアー 報告

レポート2010/10/01
  • 場所
    藤枝 農ツアー 

8月28日~29日の1泊2日で、農婚ツアーの名称で静岡の藤枝市に行って参りました。

たまにはTSUKIでもながめましょのBlogでも紹介いただいております。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夏休みの最後に、

田んぼの気持ちよさをついに知ってしまった!

(恐れていたのですよ。普段の仕事が嫌になっちゃいますからね)。

美女が藤枝にたくさんいることも知ってしまった!

(これだけ人のいる東京でいい話ないので

地方に行けばすぐに絶望が待っているわけですが)。

(さらに…)

赤城自然塾 循環型社会システム体験エコツアー(第4回 シブヤ大学特別講座)

国内ツアー2010/08/01

終了しました。

  • 日程
    2010年10月10日(日)~11日(祝)1泊2日
  • 場所
    群馬県・国立赤城青少年交流の家とそれを囲む山々

シブヤ大学は、 「街がまるごとキャンパス」&「誰でも先生、誰でも生徒」をコンセプトに、毎月第3土曜日、渋谷のいたる所で授業を行っている団体です。

渋谷に住む・働く・遊びに来る人に向けて、この街のヒト・モノ・コト・バショを活かした学びの場をつくることで、新たな人のつながりを育むプラットフォームを築き、まちにおける豊かな生活に貢献しています。

シブヤ大学での「赤城ツーリズム」の開催は、実に4回目。年1回の開催です。

シブヤ大学の授業にまだ参加したことのない方、はじめてツーリズムに参加する人でも大丈夫。お一人での参加のほうがむしろ楽しめるぐらいです。

また、前回参加した方も、また参加していただけると嬉しいです。

■参加費

18,000円(往復バス代、食事4回分、宿泊費、プログラム費、保険等を含む

■募集定員

40名

■行程

1日目:1010日(日)> 食事:朝× 昼○ 夕○
07
30 新宿駅西口集合・受付
0800 新宿駅西口出発
1130 サンデンフォレスト到着 詳細はこちら
11
45 森づくりのお話、昼食
12
45 森づくり現場(室沢交流の森)へバスにて移動
下刈り、チッピング、チェーンソー体験、伐採体験
講師: 両角 衆 氏、石塚征人氏、田中洋助氏
14
45 リサイクルセンターへバスにて移動
サワガニの沢、どんぐり広場、オオムラサキ/

天蚕飼育ハウス を散策
1615 国立赤城青少年交流の家到着 オリエンテーション
16
30 「グループディスカッション」(研修室にて)
1830 ナイトプログラム
19
30 地元の方との夕食・交流会
21
30 消灯

2日目:1011日(月)> 食事:朝○ 昼○ 夕×
06
30 早朝森林散歩 (希望者)
07
10 早朝セレモニー・朝食
09
00 とんとん広場食農学習 講師:林 智弘 氏
11
30 昼食「福豚のしゃぶしゃぶ」
12
30 とんとん広場出発
13
15 「ぐんま昆虫の森」到着
13
20 「ぐんま昆虫の森」生きもの観察会

講師:矢島 稔(ぐんま昆虫の森 園長)
15
:58 都内へ(りょうもう34号赤城駅発)
18
00 東武浅草駅・解散
※尚、当日の交通事情により、帰りの際の到着時間が変更となる場合もあります。予めご了承下さい。

※帰路は連休最終日の渋滞回避のため、東武鉄道の特急利用に変更させていただきました。

■講師のお名前
10
10
石塚 征人(赤城南麓森林組合事業課長)
田中 洋助(ぐんま森林インストラクター会々長)
両角 衆 (赤城山自然農園)
1011
林 智浩 (林牧場福豚の里とんとん広場専務取締役)
矢島 稔 (ぐんま昆虫の森 園長)
■総合講師
壱岐健一郎(エコツーリズム・プロデューサー)

詳細はこちら

■共催

特定非営利活動法人シブヤ大学

 

申込書

(さらに…)

【グリーンツアー】ヤマキで学ぶ!食と水のつながり体験エコツアー

国内ツアー2010/08/01

終了しました。

  • 日程
    2010年10月3日(日)日帰り
  • 場所
    埼玉県神川町・ヤマキ御用蔵グループ

国産大豆を使った上品な味わいのお醤油が人気のヤマキ醸造は、天皇陛下に献上する味噌や醤油もつくっている老舗の醸造蔵。地元神川町に農業法人「豆太郎」をつくり、50年に渡って自然農に取り組んできた須賀さんに栽培指導をお願いして原料となる大豆や小麦をつくったり、仕込み水の源流となる森林の保全にも取り組むなど、企業として環境の保全と安全な食の提供にも取り組んでいます。

この取り組みは、これからの企業や地域づくりのヒントになるはず。ヤマキ御用蔵グループの取り組みを知ってもらうチャンスをつくりたいと、グリーンツアーを企画しました。

第二弾は、食と水のつながりを体験していただきます。
ヤマキ御用蔵グループは、森と農と私たちの暮らしのつながりを守りたいと、森の保全や地域農業の支援に取り組んでいます。このツアーでは水源地の森と下久保ダム周辺をめぐり、地域と自然と共生する生き方を体感していきます。これからの企業モデルとして一見の価値アリ!

 

お昼には直営店「紫水庵」で懐石料理をいただきます。



☆ヤマキ御用蔵グループはこんなところ☆


「天皇家献上の御用蔵は、地域と自然と一緒に生きる次世代企業」

 

埼玉県北部、群馬との県境に位置する神川町は湧き水が多い地域。この場所にヤマキ御用蔵グループ(創業1902年(明治35年))が移転したのは1991年。移転の理由には、水の他に一軒の農家との出会いがありました。独自の自然農法を60年に渡って続けてきた須賀一男さんと、父の意思を受け継ぎ、大学で自然農法を研究した後就農した息子の利春さん親子です。須賀さんの農法と生き方に感銘を受けた社長は、地域と自然とつながる企業のあり方を実現すべく、埼玉県本庄市から神川町へ会社を移し、農業法人「豆太郎」を設立。須賀さん指導のもと、企業として、材料からの商品づくりに取り組み始めました。しかし、地域のしょうゆ屋がどんどなくなっていく現状を見て、現在の大量生産・大量消費ではない企業のあり方を模索し始めたのだそうです。実は天皇家の料理から臣下の料理までを司る四條司家の指示のもと、天皇家に献上するしょうゆと味噌をつくっているヤマキ。味と取り組みの確かさを、五感で体感してください!


■参加費

大人 6,500円

小人 5,500円 (小学生以下)

昼食、新宿発着天ぷらバス代込み

幼児は無料(座席、食事、体験なし)

■募集定員

25名(最少催行人員10名)

■行程

08:00 新宿出発

10:00 ヤマキ御用蔵到着

18:30 新宿到着予定

交通状況などの事由により行程が変更する場合もあります。ご了承ください。


ヤマキ御用蔵グループ ツアー情報

ウラ面(今後の日程など)

申込書

 

(さらに…)

【グリーンツアー】渡良瀬エコビレッジで稲刈り&ツリーハウス体験エコツアー

国内ツアー2010/08/01

終了しました。

  • 日程
    2010年9月25日(土)日帰り
  • 場所
    栃木県藤岡町 渡良瀬エコビレッジ

栃木市藤岡町、渡良瀬遊水池のすぐそばで、1974年から無農薬の自然にそった野菜づくりをしている町田武士さん。彼は家の近くで米や野菜、和綿を栽培しながら、お隣の岩舟町で棚田を復活させる活動にも取り組んでいます。美しい風景が戻った里山のそばには、ツリーハウスコーディネーター・小林崇さん製作のツリーハウスも! 誰でも気軽に訪れられて、楽しみながら里山の暮らしを発見できる場所になっています。おいしいオーガニックランチも人気です!(稲刈りは藤岡町で行います)


☆渡良瀬エコビレッジはこんなところ☆

「すべて土に還る家と、食と衣の自給へのチャレンジ」


高校時代に自然農法の提唱者・福岡正信さんの著書と出会い、卒業後に愛媛にある福岡さんの農園に滞在して自給自足の暮らしを体験した町田武士さん。地元に帰った彼は家業を継ぎ、農薬や化学肥料を使わない自然に即した農業と、自給自足の暮らしを始めました。まずは食の自給を実現させ、次は住まい。譲り受けた古材や地元の石材などを使って伝統工法で建てられた家は、石油製品を使わない、土に還る家に。そして衣は、和綿を復活させる「しあわせのコットンボール」プロジェクトに取り組んでいます。隣町の使われなくなった棚田を復活させたり、ツリーハウスコーディネーター・小林宗さんとツリーハウスをつくるなど、遊び心いっぱい。おいしいランチも好評です!



■参加費

大人 7,000円

小人 5,000円 (小学生以下)

昼食、新宿発着天ぷらバス代込み

幼児は無料(座席、食事、体験なし)

■募集定員

25名(最少催行人員20名)

■行程

 

08:00        新宿出発
10:00~      挨拶・自己紹介
10:30~12:00 渡良瀬エコビレッジでの稲刈り
12:00~13:30 昼食
13:30~14:00 和綿畑見学
14:00~14:30 里山へ移動
14:30~15:30 ツリーハウスエリア体験
15:30~16:00 大慈寺参拝
18:30        新宿到着予定


 

交通状況などの事由により行程が変更する場合もあります。ご了承ください。

申込書



(さらに…)

Whole food School代表 タカコ・ナカムラさんと行く一日移動教室「オーガニックファーム・スタディーツアー」

国内ツアー2010/08/01

終了しました。

  • 日程
    2010年9月22日(水)日帰り
  • 場所
    千葉県匝瑳市・みやもと山

‘日本で唯一の食と暮らしと農業、環境を学べる学校’といわれるWhole food School主催のタカコ・ナカムラさんをゲストに迎え、1300年の歴史をもつお米農家さん「みやもと山」さんで旬の食材ととれたての新米を使った、ナカムラさんご本人による料理を味わう昼食交流会もある充実のファームツアーです。


オーガニックな食材を求めているレストランやカフェの経営者やシェフの皆さま、野菜や食材に関する知識をもっと深めたいとお考えの皆さま、食や農に関心を持つすべての皆さまへ。

本格的なオーガニックファームを経営する農家さんを訪ね、畑を見学し、土に触れ、ホンモノの食材を味わってみませんか?
食と農のダイレクトなつながりを実践するためのはじめの一歩となる、研修・講座型ツアーです。

ツアー詳細は[earthday money]へ


■参加費

16,000円

(昼食・椀ドリンク・税・保険料込み)

※アースデイマネー500rまで利用できます。

※廃油1リットルお持ちいただいた方に、100r差し上げます。

(家庭から出た廃油に限ります。)


■募集定員

23名(最少催行人員20名)

※定員になり次第締め切らせていただきます。


■募集締切


定員に達するまで受け付けます!!

■行程・プログラム

07:45 集合・受付(集合場所:宮下公園前)

08:00 出発

10:00 「みやもと山」到着

・大豆畑の草取り・田畑めぐり・卵取り

13:30~15:00

・みやもと山の玄米・卵、東峰べじたぶるんの野菜を使って、ナカムラさん講師のもと料理交流会。

・みやもと山・斎藤さん、東峰べじたぶるん・山本さん、ナカムラさんを交えてのトークセッション


15:30 みやもと山 出発

17:30 帰着・解散


■企画

アースデイマーケット実行委員会

申込書

(さらに…)