第2回 秘められた宝探しの旅 沖縄編

国内ツアー2013/05/12

ツアーは中止となりました。名嘉睦稔さん主催「地球交響曲第八番」応援イベントは開催されますので、ご希望の方は「沖縄体験ニライカナイ TEL098-964-1616」までお問合せください。

  • 日程
    2013年6月21日(金)~6月23日(日)2泊3日
  • 場所
    沖縄本島(集合・解散:羽田空港)

昨年好評の龍村仁監督と一緒に沖縄の名嘉睦稔さんを訪ねる旅・第二弾を企画しました。
緊急企画ため、参加ご希望の方は5月23日(木)までにお申込ください。(先着順)
今回の旅のメインは、2日目の名嘉睦稔さん主催「地球交響曲・沖縄バージョン上映会&名嘉睦稔x龍村仁対談に参加し、沖縄で「地球交響曲第八番」を応援すること、などです。主催者のご厚意でイベントの終了後、懇親会に参加できることになりました。
初日は、龍村仁監督、名嘉睦稔さんを囲んでのウェルカムランチと名嘉睦稔さんによる作品紹介、解説。
3日目は名嘉睦稔さんに縁ある地を訪ねるガイアシンフォニー的エコツアーで沖縄本島を巡ります。

【沖縄スペシャルバージョンについて】
これまでの出演者の中から、今だからこそ観たい3人を選び【沖縄スペシャルバージョン】として上映することとなりました。
名嘉睦稔さんが上映するのは「佐藤初女編、ナイノア・トンプソン編、名嘉睦稔編」です。
自分で作る「地球交響曲」バージョンの初上映会となります。

■スケジュール(予定)
6/21(金) 
羽田08:55発ー<ANA127>-11:30那覇着
ボクネンミュージアムで監督・ボクネンさんと会食後、監督・ボクネンさんと一緒に美術館ガイド付き見学
夜:OP りんけんバンドライブなど
宿泊:ベッセルホテルカンパーナ沖縄

6/22(土) 
浦添市「てだこホール」へ移動。イベント参加
映画 「地球交響曲 沖縄スペシャルバージョン」~未来を生きる子どもたちへ、今を生きる大人たちへ~
特別対談 「未来を生きる子どもたちへ、今を生きる大人たちへ Vol.2 」
龍村仁監督 & 版画家 名嘉睦稔氏
13:00~沖縄バージョン「佐藤初女編、ナイノア・トンプソン編、名嘉睦稔編」の上映
15:30~16:30監督xボクネンさん対談
懇親会(実費)に参加。 夜は自由

宿泊:ベッセルホテルカンパーナ沖縄

6/23(日) 
昨年好評の名嘉睦稔さんおすすめのガイアシンフォニー的エコツアーで沖縄本島を巡ります。
那覇18:05発ー<ANA134>-20:25羽田着
※天候や交通状況などの事由により変更となる場合があります。

(さらに…)

実践エコツーリズム実習【福島県いわき市オーガニックコットン畑】

国内ツアー2013/05/11

武蔵野大学環境学部「実践エコツーリズム」授業の学外授業(実習)として「フクシマオーガニックコットンプロジェクト」に参加するために福島県いわき市を訪ねます。限定10名で一般受付することになりました。

  • 日程
    2013年6月15日(土)日帰り
  • 場所
    福島県いわき市

武蔵野大学環境学部「実践エコツーリズム」授業の学外授業(実習)として「フクシマオーガニックコットンプロジェクト」に参加するために福島県いわき市を訪ね、東日本大震災復興支援のボランティア作業をします。
このボランティアツアーを通じて、エコツーリズムの実践現場を体験し、エコツーリズムの役割りを学ぶことも今回の目的の一つです。
限定10名で一般受付することになりました。
武蔵野大学環境学部の学生38名と共に、オーガニックコットン畑の草取りのお手伝いをしましょう。

天ぷらバスボランティアチーム〈いわきコットンプロジェクト〉2012年の歩み

「いわきオーガニックコットンプロジェクト」とは
東日本大震災により大きな被害を受けた福島県いわきだからできること、しなければならないこと・・・いわきの明日、持続可能な未来に向けて、「いわき・おてんとSUNプロジェクト」として3つの復興まちづくりに取り組み始めました。その中の1つがオーガニックコットンです。
「いわきオーガニックコットンプロジェクト」では、福島、いわきの農業の復興・再生に向けて、2012年春より、市内15箇所、1.5haでコットンの有機栽培が始まりました。初めてのコットン栽培に、地元農家やNPOなどが汗を流しています。多くのボランティアが首都圏から訪れ、栽培の支援を行っています。
このコットンを、昨年10月より収穫し、2013年6月にはTシャツなどの製品化を行う予定です。オーガニックコットンが、福島の新たな産業になることを目標としています。
リボーンはプロジェクトの一員として、2012年4月から継続的に天ぷらバスを走らせてきました。いわきの皆さんと交流をはかりながら、引き続きこのプロジェクトを応援していきます。

「オーガニックコットン」の栽培

普通の綿花栽培では、かなりの量の化学肥料と農薬が使われています。
 人の体にやさしいオーガニック・コットンを作るためには、有機肥料などによる土壌作りを行い、農薬の類を一切使わず、手間をかけて栽培を続けなければなりません。

「天ぷらバス」とは
廃食油をリサイクルした燃料『BDF』100%で走る観光バス。植物由来の燃料なのでカーボンニュートラル。CO2の排出ゼロのとってもエコなバスツアーです。親しみを持っていただくために「天ぷら油リサイクルバス(通称:天ぷらバス)」と呼んでいます。

■協力
NPO法人エコツーリズム・ネットワーク・ジャパン、NPO法人ザ・ピープル、 株式会社AVANTI、ふくしま支援・人と文化ネットワーク ほか

(さらに…)

ZEN呼吸法 田植え合宿 〜東日本大震災復興応援〜

国内ツアー2013/05/10

終了しました。来年をお楽しみに!

  • 日程
    2013年6月1日(土)〜2日(日)1泊2日
  • 場所
    福島県(会津・喜多方)※新宿集合・解散

■スケジュール
1日目<6月1日(土)> 食事:朝× 昼× 夕○
07:15 受付開始
07:30 出発
11:30〜12:30 SAにて昼食休憩
13:30 日新館到着/チェックインと自由見学
15:00 ZEN呼吸法体験講座
18:00 夕食(御祭大使館蕎麦の坊 へ移動)
20:30 日新館 休憩(入浴など)
21:30 座談会
23:00 就寝
2日目<6月2日(日)> 食事:朝○ 昼○ 夕×
06:45 朝の呼吸
07:45 デトックス朝食
08:30 喜多方市の水田に移動
09:00〜12:00 新田さんの講話と田植え研修/昼食
12:30 日新館へ到着、着替え
12:50 日新館出発
13:20 仮設住宅到着
13:30〜14:30 全員でZEN呼吸法レクチャー
15:00 出発
20:00 新宿駅西口到着解散
※天候や交通状況などの事由により変更となる場合があります。

呼吸アドバイザー 椎名由紀さんより皆さんへ
あの大震災の直後に東京から沢山の方にご参加頂き、今年は第三回目の開催です。私は震災以降、福島、宮城の仮設住宅を訪れ続け、仮設住宅を回ってZEN呼吸法をお伝えしています。先々の不安や緊張、悲しみで眠れないという被災者の方々が、ZEN呼吸法をするとぐっすり眠れると口々におっしゃいます。一銭もかからない健康法をもっとお伝えできればと心から思っています。
不調時代を支えてくれた福島にはかれこれ10数年通い続けています。東北の田園風景、おいしい水や酒、米、人の温かさに恩返しが出来れば…1年に1日しかできない日本の主食、米を植える田植えを通して、半年間その生長を都会で思い、福島を想い続ける、そんな支援はいかがでしょうか。三年目にして少しずつ福島への想いが薄れてきているように感じます。この田植え合宿でご縁をつくり、同時に自分で出来る心と身体のケアを身につけ、永続的な支援ができる真の健康を手にしましょう。都市圏は福島に電気をつくってもらっていたおかげで成り立っていました。その感謝を一緒に伝えに行きませんか?

■プロフィール 椎名 由紀(Shiina Yuki)
1975年生まれ、呼吸アドバイザー。体内対話株式会社代表。早稲田大学第一文学部哲学科卒業。第40代ミス東京第1位。15年の長きにわたる心身の不調を、書画でも名高い江戸中期の禅僧「白隠」の呼吸法で克服する。
「本来人間とはこんなにも健康で元氣なものなのか」と31歳で開眼し、自身の経験を踏まえ「ZEN呼吸法」としてメソッド化。
一般向けのレッスン他、企業・団体からの講演、講座も行う。ラジオパーソナリティとして活動してきた経験を活かし、韓流イベントのMCなども務める。
東京原宿のZEN呼吸法studio、京都の禅寺を中心に、名古屋、大阪でも定期的に講座を開催している。著書に、「呼吸美メソッド」(双葉社/重版第三刷)、
「呼吸ひとつで『怒り』『イライラ』がすっと消える本」(宝島社)。
ZEN呼吸法web: http://www.zenkokyu.com

【ツアーのポイント】
●ZEN呼吸法を自然の中で体験!
多くの雑誌で特集され注目されている「ZEN呼吸法」、江戸時代から伝わる意識的な腹式呼吸+体内のイメージで、心身の力を抜き内側から調えていきます。「誰かが治す」から「自分でととのえる」時代に。
自律神経のバランスを自ら調え、メンタルを強くする効果等も実証されています。頭痛、肩こり、便秘、冷え、だるさ、花粉症などの解消、代謝+平熱アップによるダイエット効果も。肌もつやつやに。今もしている、一生続ける呼吸を変えることは、体の根本、息方を変えていくことなのです。
●有名高級鮨 銀座久兵衛でも使われる特別栽培米「氏郷」の田植えを体験!
有名高級鮨 銀座久兵衛でも使われる会津継承米「氏郷」は、『お米日本一コンテスト inしずおか2008』で優秀賞を受賞し、有名高級鮨 銀座久兵衛でも使われるお米になりました。その生産者である新田義則さんの無農薬無化学肥料の田んぼで体験させていただきます。会津継承米氏郷は、土作りを大切にし、安心、安全、かつ高品質なお米を実現させたお米です。
●會津藩校「日新館」に宿泊!
大河ドラマ「八重の桜」で何度も登場している会津藩校「日新館」に今年も宿泊、ZEN呼吸法も広々とした弓道場で行います。NHKドラマ「坂の上の雲」撮影にも使われています。
● 天ぷら油リサイクルバスでCO2の排出は±0(ゼロ)!
廃油をリサイクルした燃料「BDF」100%で走るバス、通称「天ぷらバス」で移動します。車中では、ヘルス&エコツーリズム、ボランティアツーリズムを学びます。

(さらに…)

どんぐりプロジェクト2013 春のスクール

国内ツアー2013/03/18

終了しました。夏のスクールをお楽しみに!

  • 日程
    2013年5月18日(土)
  • 場所
    長野・東京ガスの森(長野県北佐久郡御代田町)

●テーマ:見つめてみよう!生きものたちの春時間

●定員:55名

●対象:小学生以上(18歳以下は保護者同伴)

●参加費:高校生以上:4,000円  小・中学生:2,000円(税込・事前振込)
(池袋からの往復バス代、体験プログラム代、保険代等含む)

当日のスケジュール スクールのお申し込み・お問合せ

●申込み締切り日:4月19日(金)
*申込み人数が定員を超えた場合には、締め切り後、抽選とさせていただきます。
*当選の可否は4月22日の抽選後、郵送にてお知らせいたします。

●集合解散場所:集合 池袋サンシャインシティ60文化会館1階バス乗り場 解散 池袋駅西口付近

(さらに…)

天ぷらバスで行く!いわきオーガニックコットンプロジェクト(種まき編)

国内ツアー2013/03/18

受付終了しました。次回につきましてはお問合せください。

  • 日程
    2013年4月29日(月/祝)
  • 場所
    福島県いわき市

コットンの種まきのお手伝いに行きましょう!
天ぷらバスボランティアチーム〈いわきコットンプロジェクト〉2012年の歩み

「いわきオーガニックコットンプロジェクト」とは
東日本大震災により大きな被害を受けた福島県いわきだからできること、しなければならないこと・・・いわきの明日、持続可能な未来に向けて、「いわき・おてんとSUNプロジェクト」として3つの復興まちづくりに取り組み始めました。その中の1つがオーガニックコットンです。
「いわきオーガニックコットンプロジェクト」では、福島、いわきの農業の復興・再生に向けて、2012年春より、市内15箇所、1.5haでコットンの有機栽培が始まりました。初めてのコットン栽培に、地元農家やNPOなどが汗を流しています。多くのボランティアが首都圏から訪れ、栽培の支援を行っています。
このコットンを、昨年10月より収穫し、2013年6月にはTシャツなどの製品化を行う予定です。オーガニックコットンが、福島の新たな産業になることを目標としています。
リボーンはプロジェクトの一員として、2012年4月から継続的に天ぷらバスを走らせてきました。いわきの皆さんと交流をはかりながら、引き続きこのプロジェクトを応援していきます。

「オーガニックコットン」の栽培

普通の綿花栽培では、かなりの量の化学肥料と農薬が使われています。
 人の体にやさしいオーガニック・コットンを作るためには、有機肥料などによる土壌作りを行い、農薬の類を一切使わず、手間をかけて栽培を続けなければなりません。

「遠野為朝集落」とは
山あいにある十三世帯・四十二人が暮らしている小さな集落は、湧き水を引いた簡易水道で水を供給していました。
4年ほど前から、ゆずと梅を使ったジャムの販売や、野菜の収穫体験・ドレッシング作りなどで地域おこしをしていました。
しかし、昨年の4月11日に起きた震度6弱の余震により、簡易水道の利用は止まり、今も日々、タンクを積んで水汲みに通っています。
そこで、地域おこしの世話人をしている折笠茂子さんはそんな現状を機会あるごとに外に伝え、寄付金を集めたり、ボランティアを募る活動を続け、今回のプロジェクトにも積極的に取り組み、集落を盛り上げています。

「天ぷらバス」とは
廃食油をリサイクルした燃料『BDF』100%で走る観光バス。植物由来の燃料なのでカーボンニュートラル。CO2の排出ゼロのとってもエコなバスツアーです。親しみを持っていただくために「天ぷら油リサイクルバス(通称:天ぷらバス)」と呼んでいます。

■協力
NPO法人エコツーリズム・ネットワーク・ジャパン、NPO法人ザ・ピープル、 株式会社AVANTI、ふくしま支援・人と文化ネットワーク ほか

(さらに…)

「ヤマキ御用蔵春まつり」直行 天ぷらバス

イベント2012/12/26

終了しました。来年をお楽しみに!天ぷらバスでの参加者限定で、ヤマキ御用蔵スタッフの方に蔵見学&お花見ポイントへもご案内いただきます。

  • 日程
    2013年4月14日(日)
  • 場所
    埼玉県神川町(ヤマキ御用蔵)

明治35年創業のヤマキ御用蔵は、味噌・醤油蔵から始まり、百年を越えるものづくりを続けています。国産大豆を使った上品な味わいの醤油や味噌は、皇室へも献上しています。

地元神川町に農業法人「豆太郎」をつくり、50年に渡って自然農に取り組んできた須賀さんに栽培指導をお願いして原料となる大豆や小麦をつくったり、仕込み水の源流となる森林の保全にも取り組むなど、企業として環境の保全と安全な食の提供にも取り組んでいます。

そんなヤマキ御用蔵で、毎年恒例『食』のお祭りの開催が決定!
天ぷらバスでの参加者限定で、ヤマキ御用蔵スタッフの方に蔵見学&お花見ポイントへもご案内いただきます。

■参加費用
お一人 5,000円(大人/小人共通)
※座席を利用しない幼児は無料
※往復バス代、保険代、雑費として
※昼食代金、各体験プログラム費用は含まれていません。
■募集人員
25名(最小催行人数15名)
※定員になり次第、受付終了となります。お早めにお申込みください。
■旅程管理者
同行します
(NPOエコツーネットスタッフ)
■スケジュール(予定)
07:30 新宿駅西口 集合/出発
10:30 ヤマキ御用蔵 到着
(蔵見学、桜観賞、自由行動など)
15:00 ヤマキ御用蔵 出発
18:00 新宿駅西口 到着/解散予定
※ツアーの内容は、天候や交通状況などの事由により変更する場合もあります。

■協力
ヤマキ御用蔵グループ

(さらに…)

「寺田本家お蔵フェスタ」直行 天ぷらバス

国内ツアー2012/12/25

終了しました。来年をお楽しみに!

  • 日程
    2013年3月17日(日)日帰り
  • 場所
    千葉県神崎町(寺田本家など)

年に一度のお蔵開きへご一緒しましょう!

発酵文化のまち神崎、寺田本家と仁勇鍋店周辺の街道全体が会場となり、賑やかで楽しいお祭りです。寺田本家では、今年もお酒の試飲・販売、蔵見学ツアー、ぽかぽか足湯などを予定しています。 また、町中には発酵食品やオーガニックな野菜、飲食店をはじめさまざまな露店もたくさん並びます。トークライブ他楽しい催しが盛りだくさんです。

試飲のあとは、ほろ酔い気分で、神崎から新宿まで天ぷらバスで直行しましょう!

■参加費用
お一人 4,000円(大人/小人共通)
※座席を利用しない幼児は無料
※往復バス代、保険代、雑費として
※昼食代金、現地での各体験プログラム費用は含まれていません。

■行程
07:45 新宿駅西口集合
08:00 新宿駅西口出発
10:00 お蔵フェスタ会場・天ぷらバス専用駐車場 到着
(自由行動)
15:30 お蔵フェスタ会場・天ぷらバス専用駐車場 集合/出発予定
18:00 新宿駅西口到着/解散予定

■注意事項
(1)定員になり次第、受付終了となります。
(2)お申込み後、集合場所・持ち物・振込先を明記した最終のご案内を送付させていただきます。
(3)天候や交通状況などの事由により内容を変更する場合もあります。

■協力
寺田本家 トージバ 発酵の里神崎 月のとうふ 福ちゃんのパン

(さらに…)

赤城自然塾エコツーリズム体験エコツアーを終えて

レポート2012/12/21
  • 日程
    2012年12月8日(土)
  • 場所
    群馬県赤城山麓

2012年12月8日(土)、群馬県赤城山の南麓にある「環境と産業が共存できる工場」サンデンフォレストに行ってきました。

①サンデンフォレスト/森の教室前で集合写真

①サンデンフォレスト/森の教室前で集合写真

サンデンフォレストは、2002年に自動販売機やショーケースを製造販売しているサンデンという企業グループが、環境と産業の共存を目指してつくられた工場です。

今回のツアーは、「環境と産業が共存できる工場」という持続可能な社会を、エコツーリズムで体験していただくという企画です。

開発前の敷地は、荒廃した森林でした。拠点を開発するにあたって、美しい自然環境を取り戻せるよう、敷地の約半分を森林として整備し、残りの半分を工場用地としました。開発してすぐは、敷地内の生物種数が減ってしまったのですが、現状では開発以前よりもたくさんの生物が確認されているそうです。

②杉の木が倒れる瞬間

②杉の木が倒れる瞬間

荒廃した森林は、人の手によって、元気にすることができます。今回は地元からの参加者のみなさんと一緒に、森林組合の方々の指導の下、森作り体験しました。
まずは、杉の木の間伐作業を見学。約18mの高さのある木が目の前を倒れる瞬間は、迫力満点でした。

③のこぎり体験

③のこぎり体験


そして、下草刈り、チェーンソウ、薪割り体験を森林組合の方の指導の下、地元の参加者のみなさんと一緒に体験しました。

森作り体験が終わったあとは、敷地内にある森の散策路を歩いたり、ビオトープを見学しました。ビオトープとは、生態系を復元するために作られた調整池のことです。夏には、このビオトープでは、毎年100匹以上の蛍が見られるそうです。

④わくわく自動販売機ミュージアム

④わくわく自動販売機ミュージアム

また今回は特別に、今年の4月にオープンした「わくわく自動販売機ミュージアム」も見学。自動販売機の歴史や環境対応へのとりくみについて学習してきました。



以下、参加者からの感想を抜粋してご紹介します。

冬の森は、スキー以外で来るのは初めてでした。空気の冷たさに、これが自然なのかなぁと驚きました。チェーンソウなど、森づくりの作業は全て初めての体験でした。草刈り機は意外にできました。楽しかったです。(40代女性)

草刈りの作業は難しかったです。のこぎりで木を切って、その木をもらえてうれしいです。楽しかったです。(小学生)

東京からの参加者と、地元の参加者と一緒に体験でき、交流ができたことがすごく楽しかったです。また、森林組合の方々ともお話ができて、日頃の仕事の内容がきけて、とても勉強になりました。まさに、リボーンのエコツアーの7原則にそっているツアーだと感じました。(20代女性)

50年の杉の木を倒したところは、とても迫力があってびっくりしました。切った木をいただきました。コースターとして使います。今回も楽しかったです。(50代女性)

どうして、こんな山奥に工場を?という疑問があったので、今回参加しました。工場を作ると木をたくさん切る事にもなるし、生態系も壊すことになる。でも、サンデンフォレストでは、2万本の木を切って、3万本植えたり、切った木は敷地内できちんと再利用をするということを聞いて、納得しました。最近、就職活動をしていると、環境保護活動に取り組んでいる企業が多い。それを今日は、生でみることができて、良かったです。体の五感を使って自然を満喫できたのでよかったです。(20代男性)

サンデンフォレストが開設されて10年。みなさんも、環境と産業が共存している森に、足を運んでみませんか?
森づくり体験の他に、森の散策や天体観測など、赤城周辺の自然を使ったさまざまな環境プログラムをご案内できます。ご興味あるかたは、お気軽にお問い合わせください。

ツアーディレクター 松本 麻美子

2012年12月8日(土)
赤城自然塾エコツーリズム体験エコツアー

有機農法にこだわる斉藤完一さんの農園で農業体験ツアーを終えて

レポート2012/12/21
  • 日程
    2012年11月4日(日)
  • 場所
    千葉県山武市(たがやす倶楽部)

11月4日(日)、千葉県山武市にある斉藤完一さんの有機農業の畑で、農業体験ツアーに行ってきました。

①集合写真

①集合写真

完一さんは、25年前から化学肥料や農薬に頼らない農法「たがやす農法」で、野菜を生産しています。そこで 今回は、「なぜ有機農法にこだわるのか」「食の安心・安全」についてお話を伺い、季節の野菜、里芋とさつまいもの収穫体験をさせていただきました。

②斉藤完一さん

②斉藤完一さん

「安心して、安全なものを食べてもらいたいという思いから、有機農法で野菜づくりをはじめました。化学肥料や農薬を使わず、機械もできるだけ使わないようにして、土(環境)に与える負荷を減らすようにする。できる限り、自然に近い環境を作り出すと、野菜本来の力を引き出せるようになって、おいしい野菜ができるんです。」そう話す完一さん。

畑をご案内いただきながら、歩いていると、「化学肥料や農薬も使っていないから、土がついたままでも食べられるんですよ。」と、土からかぶを抜いて、少し土をはらったら、そのままがぶり。私達にもとれたてのかぶを食べさせていただきました。かじった瞬間、口のなかにおいしい野菜のあまい水分がじゅわっと広がりました。

③土つきの蕪をがぶり

③土つきの蕪をがぶり

こだわりの畑を散策しながら、人参の葉っぱやピーマンなどの採れたての野菜を味見させてもらい、野菜づくりについてお話を伺いました。参加者の方からは「同じ野菜でこんなにも、味が違う」、「とれたてってとてもみずみずしい」など、驚きの声があがっていました。

④鍬で掘るのもコツが必要です

④鍬で掘るのもコツが必要です

そして、今回のメインイベントは、里芋ほりとさつまいもほりの農業体験。里芋は、鍬(くわ)を使って掘り出します。一見簡単そうに見える作業なのですが、コツが必要です。いざやって見ると、里芋を傷つけないように掘り出すには、少しこつが必要で一回ではなかなか上手くできませんでした。

⑤野菜たっぷりの贅沢ランチ

⑤野菜たっぷりの贅沢ランチ

体験が終わった後は、、完一さんとご家族と一緒に、野菜のバーベキュー。他にも、おでんやサラダなど、野菜たっぷりのご馳走をいただきました。どの野菜もみずみずしく、それぞれの野菜自身が持っている味をしっかりと堪能することができました。お昼をいただいた後も、参加者のみなさんと「食の大切さにつて」お話をして楽しい時間を過ごしました。

以下、参加者からの感想を抜粋してご紹介します。

大地の恵みを感じた一日でした。土のついた野菜をかじったのは初めての体験。また、かぶをかじった瞬間、口の中に水がひろがり、採れたての野菜はこんなにもみずみずしいものなのかと感動しました。そして、完一さんや、参加者のみなさんとの農業に関するお話を聞いていて、今後の日本を支えるものは何かと、考えさせられました。(20代女性)

普段、コンクリートジャングルの中での生活だったので、今日は農業体験ができて、とっても楽しかった。そして、みなさんのお話を聞いて、みんな偉いなぁ~と思いました。また、食事のよしあしはみんなわかっているので、あとは、それをみんなが意識をして、選んでいくかが大切なんじゃないかなと思いました。今日は、とても楽しかったです。参加してよかったです。(50代女性)

ここ2・3年、長野で20坪の小さな畑で野菜を育てていた。最近は、都心から無農薬の野菜作りをしようと来る人が増えてきた。そういった意味で、今後はますます、こういった都市農村交流が見直されてくるんではないかと思いました。これまでは、趣味程度で適当にやってきましたが、来年からはもっとしっかりやっていこうと思いました。(60代男性)

かぶの白さ、人参の色、土の色、など今日は色んな美しいものを見られました。そして、やっぱり日本人には、日本の味が合うんだなぁ、いいんだなぁと感じました。また、完一さんの顔立ちはフランス人みたいで、美しい顔だなぁと思いました。今日はとても楽しかったです。(60代女性)

今回で2回目。犬のソックスは2代目になっていた。今回は、完一さんのこどもさんにもあえてよかった。
前にも来て感じたのだが、ちゃんと育てられたものを食べないとだめなんだ。顔がわかる人が作った食べ物をたべることのの大切さを改めて実感しました。(50代男性)

みなさんとのよき出会いと、ランチでの時間に感謝しています。
また、完一さんという、25年前から有機農法で野菜を育てているすばらしい方とも出会えてとても嬉しい。早速、玄米を30キロ注文しました(笑)
にんじんの葉っぱをとって食べたのもはじめてでした。
きんぴらにして、食べたい。今日採ったさつまいもと里芋は、明日のランチタイムに出します。
完一さんとは今後もいい付き合いができそうです。リボーンさんのツアーには、本当にはずれがない。ありがとう。(60代男性)

昨日のリボーンのツアーに参加し、その時に紹介され、参加しました。
15年前から、奥さんはナチュラルハウスだとか、食に興味があったが、自分自身はまったく興味がなかった。今では、奥さんに負けないくらい、その魅力に気づき、はまってしまっている。
こういった、交流を増やすごとに、同じような志を持った人と触れ合って、仲間が増えることが自分にできる仕事かなとも思っています。今日も参加してよかったです。(50代男性)

今後も、食について考える、「完一さんの農園で農業体験ツアー」を企画していきます。
また、完一さんの農園への貸切ツアーをご希望の方はお問合せください。

ツアーディレクター 松本 麻美子

2012年11月4日(日)
有機農法にこだわる斉藤完一さんの農園で農業体験ツアー

エネルギーの自給自足の生活&有機農業体験エコツアーを終えて

レポート2012/12/21
  • 日程
    2012年10月21日(日)
  • 場所
    山梨県富士河口湖町(富士エコパークビレッジ)

10月21日(日)、エネルギーの自給自足の生活&有機農業体験エコツアーに行ってきました。

①センターハウス

①センターハウス

山梨県富士河口湖町にある富士エコパークビレッジは、オーストラリア発祥の「パーマカルチャー」という「水の循環」「食の循環」「自然エネルギーの有効利用」などが体験・学習できる施設です。

NPO法人エコツーリズム・ネットワーク・ジャパンの理事でもあり、施設のオーナー今井晴雅さんにご案内いただき、有機農法の畑で大根の収穫体験をし、「循環型な暮らし」を体験しました。

②センターハウスの断熱材(麻)

②センターハウスの断熱材(麻)

富士エコパークビレッジのシンボルともいえるセンターハウスは、古民家を再利用したエコ建築の建物です。概観はヨーロッパ風で、とってもおしゃれ。断熱材には、麻、羊毛、もみがら、藁など、さまざまな種類の自然素材が入っていて、どこにどんな素材が入っているのかが見えるようになっていたりと、建物にはたくさんの工夫が施されています。

③バイオディーゼル発電の説明

③バイオディーゼル発電の説明


また、施設内の電力は、すべて自然エネルギーでまかなわれていています。太陽光パネルと風力発電が中心で、天候の関係で、どうしても電力が不足してしまった場合は、植物油を利用したバイオ電源を使用するそうです。

④大きな大根が収穫できました

④大きな大根が収穫できました


敷地内にある畑は、もちろん有機農法の畑です。今回はその畑で大根の収穫や栗拾いをさせていただきました。元気いっぱいに育った大きな大根がたくさん収穫できました。

⑤野菜たくさんのランチ

⑤野菜たくさんのランチ


お昼は、みんなでピザ作り。そして、野菜スティックを手作りのバーニャカウダでいただきました。その他にも、大根ステーキ、卵入りの大根スープ、デザートは、かぼちゃのタルトを、雄大な富士山を目の前に、おいしい野菜を堪能しました。

⑥富士エコ自然エネルギー講座

⑥富士エコ自然エネルギー講座

オーナーの今井さんは、電気の専門家。ランチタイムを堪能した後は、『プチ富士エコ 自然エネルギー講座』と称し、太陽光パネルを中心とした発電機など、家庭でも取り組み易い、電気の節約方法や太陽光パネルの使い方についてなど、教えていただきました。


以下、参加者からの感想を抜粋してご紹介します。

今回のツアーもホント、参加出来て良かったです。
食事も美味しく、内容が盛り沢山であっと言う間に時間が経ってしまったという感じでした。
もうちょっと時間があれば今井さんの講義をもっと聞きたかったです。
今後、自分の畑で太陽光発電を利用した農機具の可動や、太陽熱を利用して温室ハウスを温める事を考えいるので、とてもいい勉強になりました。ありがとうございました。(40代男性)

天気にも恵まれ、自然の美しさと恵みに感謝したいと思います。人と自然のつながりに温かさを感じた1日でした。(20代女性)

すごく楽しかった。私は、来年の4月から小学校の先生になるので、大人でもこんなに楽しめることであれば、 小学生はもっと楽しんでくれるのではないかと感じました。今日の経験を生かして、がんばりたいと思います。ありがとうございまいした。(20代女性)

23区に住んでいるのですが、家の周りは畑だらけで、近くに牧場があるところで暮らしています。農業にとても興味があり、今日は地産地消を考えるいい機会だと思いました。期待を裏切らないツアーでした。(50代女性)

非常に楽しく、充実した1日でした。大根の収穫体験は初めてで、貴重な体験でした。また、おもしろい形の大根がとれて、自然エネルギーを身近に感じることができました。(30代男性)

天ぷらバスはすばらしい。バスから見える緑がとても美しく感じられ、雄大な自然を堪能することができました。また、オーナーの今井さんは衝撃的でした。正しいことに挑戦するその姿勢、とてもすばらしいと思いました。バイオマストイレが本当に臭くないのか、最後確認することを忘れてしまったのが残念でした。(40代男性)

今後も引き続き、「地球にやさしい循環型な暮らし」が学習できるツアーを企画していきたいと思います。
学校や企業などの団体で、富士エコパークビレッジの体験学習に行きたい方は、ぜひお問合せください。

ツアーディレクター 松本 麻美子

2012年10月21日(日)
エネルギーの自給自足生活&有機農業体験エコツアー