都市と農山村交流レポート~2008年10月シブヤ大学ツーリズム09より

レポート2009/01/26

「え、こんなに枯れてるの・・・」群馬県富士見村にある、「国立赤城青少年交流の家」の松林の立ち枯れの様子に、ショックを受けました。NPO法人シブヤ大学とリボーンの共同企画で開催している一泊二日の講座では、松枯れ林地の再生作業に参加します。酸性雨などが原因で弱った黒松が枯れ・倒れていく森で、私たちができる活動をします。どんぐりの木の苗を植えたり、炭を砕いて散布したり(土壌を中和して健全な状態にする効能がある)、近年に植えられた木の周りの下草を刈ったりして、参加者は森の保全作業に汗を流しました。

 

 赤城山は利根川の源流の一つです。首都圏の水源地の森が、大変痛んでいること。その一因が都市の大気汚染によるということ。地元の林業組合や環境活動家、元大学教授などが森の保全のための様々な地道な活動をされていること。それらの人々と少しでも共に活動して実感すること。たった半日の活動でも、都市に住む私たちには従来見えなかった、大切なことが、このツアーで見えてきます。

この日には、地元の方々の奮闘、活動の積み重ねを知って敬意を抱くのと同時に、みんなで作業をすること・自然に向き合うことの単純な楽しさも、味わうことができました。「炭を砕く作業で、みんな顔にも炭がついて黒くなっていくのが面白かった」「黙々と草刈りすることが、仕事のストレス発散になった」「植えた木が10年後にどう育っているか楽しみ」などと、参加者の感想の言葉もいろいろ出てきます。様々な参加者が集まるツアーでは、他の参加者の視点や感想の違いを知ることも、興味深い経験です。また、地元の方々にとっては、都市の青年がその土地に興味をもってくれること、土地の役にたつ活動をしてくれることが、喜びにつながるようです。

 

上下流域交流・都市-山村交流とは、実践的な地元講師陣と熱心な参加者が自然の中で協働しあい、エコ活動と旅の楽しさの相乗効果をうみだすツアーだと思います。赤城の山でみんなで植えたコナラの木々がどう育つのか・・・今後定期的に訪れたい土地が増えました。

吉永初美 (さらに…)

ニュージーランド政府観光局はウォーキングの魅力を紹介するイベントを開催

お知らせ2009/01/26

2月19日(木)~25日(水)の「キーウィ・ウォーク写真展」ではウオーキング・カメラマン金井三喜雄氏のNZ写真を展示。また初日の19日(木)午後6時30分~8時30分はオープニング・トークショーとして、ウォーキング講座や金井さんの写真講座、旅行会社リボーンのNZ特別ツアーの紹介がある。トークショー参加希望者はハガキで応募。

問い合わせ℡03(5400)1318

会場 NZ・トラベルカフェ六本木店(六本木)

参加費 1,000円(当日払い)

応募方法 ハガキに〒住所、氏名、性別、年齢、イベント当日に連絡がつく電話番号、同伴者の氏名と人数を記入の上、〒105-6112東京都港区浜松町2-4-1 WTCビル12F ニュージーランド政府観光局 キーウィ・ウォークL係へ *先着50人に招待状を発送

応募締め切り 2/12(木)当日消印有効 (招待状の発送を以って当選の連絡とします。)

*応募者の個人情報は本イベント関連の連絡にのみ利用 

*リボーンのホームページで見たと一言記入ください。

(さらに…)

カテゴリから関連する記事をさがす
お知らせ
タグから関連する記事をさがす

タグはありません。

2009年のおすすめ健康法

国内ツアー2009/01/20

日本を元気にするビタミンを農山漁村体験エコツアーで吸収!


2009年は丑年、年賀状をはじめいろんな牛たちが目に入ってくることでしょう。私の瞼には少年時代のセピア色の思い出と同時に、最近旅した中国や東南アジアの農山村で水田を耕す力強い牛の姿が浮かんできます。過ぎ去った2008年の干支は、農家の土蔵の住人、鼠でした。竜と虎以外は日本の農山漁村のどこにでも見ることができる循環型社会に生きる生物です。人間の生活に直結するところに彼らも生息しています。地球温暖化対策に悩みつつ、経済危機に陥り、生きる喜びを失いそうになる人間にとって、救いの手はあるのでしょうか?
 
 
 
 
 
 
 

 

つづきはコチラで→リボーンレポート  年間計画

      (さらに…)

ニュージーランド ワイポウア・フォレスト ラン&ウオーク2009参加ツアー

海外ツアー2009/01/19

出発(終了)しました!

  • 日程
    2009年5月22日(金)~26日(火) 5日間
  • 場所
    ニュージーランド オークランド

旅行代金:おひとり 178,000円

旅行代金に含まれるもの:往復航空運賃(エコノミークラス)、ホテル代(2名1室)、その他旅程表に記載の内容

〃   含まれないもの:成田空港利用料(2040円)パッセンジャーセキュリティチャージ(1120円)

燃油サーチャージ(目安40000円)オークランド空港税(910円)が別途必要です。 (2009年1月現在)

利用予定航空会社:ニュージーランド航空

利用予定ホテル:ホキアンガ/コプソンホキアンガホテル、オークランド/メルキュールホテルなど

食事条件:朝3回、昼3回、夕2回(機内食含まず)

お1人部屋利用追加料金:20,000円

行程

★ココがポイント

●カウリミュージアム訪問

●ワイファタファタ・マエラ訪問(地元マオリの方々との交流)

●ハンギディナー堪能(地元マオリ料理)

●ワイポウア・フォレスト ラン&ウオークに参加

●植林協働作業に参加

●ミニクルーズに参加

詳しくはコチラをご覧ください。行程表

8日間コース>もご用意しています。また、オリジナルコース(期間延長)をご希望の方はご相談ください。

★説明会開催します。

日時:3月18日(水)18:00~20:00

場所:ニュージーランドトラベルカフェ六本木店
参加費:無料 (要予約リボーンまで)

パンフレット表 パンフレット ブログ

 

レポート レポート2 申込書 (さらに…)

第7回ドイツ環境首都・フライブルク体験エコツアー

海外ツアー2009/01/18

終了しました。

  • 日程
    2009年3月18日(水)~3月24日(火) 7日間
  • 場所
    ドイツフライブルク

●旅行代金(おひとり)

現地集合解散の場合 220,000円

航空券(成田)別途手配(追加)98,000円~(燃油サーチャージは約70,000円)

●定員

15名 (最少催行人員6名)

●申込締切

定員になり次第絞め切り

●概要:

・フライブルク市内環境視察

・森林セラピー効果のある森シュバルツバルトでの環境視察

・グリーンツーリズム体験

詳しくはコチラをご覧下さい→行程表

森のようちえん視察コースはコチラをご覧ください。→行程表

村上 敦さんのホームページ 2006年10月4日出発したWWF会員向けツアーレポート

Re-Styleの記事 クラブヴォーバン

申込書

(さらに…)

天ぷら油リサイクルバス利用 ツアー情報

お知らせ2009/01/13

●はじめる自給!種まき大作戦  棚田チャレンジ2009

◎日時:1/31(土)、2/1(日)

◎場所:鴨川自然王国(千葉県鴨川市)

◎集合(予定):1/31(土)8:00 品川駅港南口集合|8:30出発

◎参加費:10,000円(大学生・高校生 6,000円/中学生以下 無料)

◎お申し込み:

ハッタケンタロー andtwo@mac.com

ホームページ  

●はじめる自給!種まき大作戦  

『手前味噌仕込み@わくわく西の城』 

◎日時:2009年2月7日(土)

◎場所:わくわく西の城(千葉県神崎町)

◎集合(予定):2月7日(土)8:00 品川駅港南口集合|8:30出発

◎参加費:7,000円(大学生・高校生 5,000円/中学生以下 無料)

ハッタケンタロー andtwo@mac.com

ホームページ

 

(さらに…)

カテゴリから関連する記事をさがす
お知らせ
タグから関連する記事をさがす

タグはありません。

天ぷら油リサイクルバスで行く日帰り体験エコツアー

国内ツアー2009/01/11

終了しました!

  • 日程
    2009年1月18日(日)日帰り
  • 場所
    渡良瀬エコビレッジ(栃木県)

天ぷら油リサイクルバスで行く日帰り体験エコツアー渡良瀬エコビレッジ玄米餅つきと遊水地猛禽類バードウォッチング

【エコツアー体験講座】主催:新宿区立環境学習情報センター

期日:2009年1月18日(日)日帰りツアー

午前8時 ~ 午後 6時

対象:新宿区内在住・在勤・在学者および関心のある方

(小学生以下の方は保護者の同伴が必要)

募集定員: 25名(最少催行人員 15名)応募多数の場合は先着順

費用:大人お一人 6,000円 小人(小・中学生)3,000

未就学児についてはお問合せください

内容:世界的に有名な野鳥の宝庫・渡良瀬遊水地で、冬こそ観察しやすい猛禽類(オオタカなど)を中心にバードウォッチング体験(専門家の解説付き)。そして、完全無農薬農業に取り組む渡良瀬エコビレッジの再生古民家でお正月気分を満喫。薪割りや玄米餅つき、オーガニックなお昼ごはんを楽しみます。

 

 

お申込はコチラへ

(さらに…)

第2回WWF「八重島諸島体験エコツアー」レポート

レポート2009/01/09

 10月23日、7人の参加者の皆さんが石垣島に降り立ちました。今回は昨年実施の第1回に続き石垣島・西表島の八重山二島を巡る旅。石垣島では白保のサンゴ礁保護、西表島では500年続く伝統行事・節祭(シチ)を体験します。

文責:今井修之

レポートの続きはコチラでご覧ください

WWF会員参加者のレポートはコチラでごらんください。

 カーボンオフセット情報 (さらに…)

カテゴリから関連する記事をさがす
レポート
タグから関連する記事をさがす

家族で体験「里山のあるくらし」日帰りエコツアーに参加しました

レポート2009/01/09

2008年8月24日(日)

千葉県佐倉市 

自然体験は家族で良く出かけます。今回エコツアー内容の里山での収穫体験はプランニングも今までにない体験が出来る感じがしたので参加を決めました。息子にとっても夏休み中の良い思い出になり、父親にとっては、車の運転がないというのは楽で、環境にもやさしいので。(交通手段は天ぷら油で走るバスらしいです)続きはコチラでご覧ください

(さらに…)

Waipoua Forest Fun Run and Walk 2008 Eventに参加して

レポート2009/01/09

旅から帰ってきて数日が経ちました。レポートを書こうとするのですが、思い出がたくさんありすぎて、言葉にならないのが本当のところです。

そんな中ではっきりとしているのが、本当に人に恵まれた旅だったということです。楽しく私達をひっぱってくださったリボーンの壱岐さん・今井さんをはじめスタッフの皆さま。ツアーを盛り上げてくださったメンバーの皆さま。ホキアンガ地方で私達をあたたかく迎え入れてくださったFootprintsのKoro-san・愛さんをはじめ現地の皆さま。この旅がスムーズに進むよう陰ながら支えてくださった関係機関の皆さま。みんながそこにいてくださったからこそ、楽しめた旅でした。弟との2人参加でしたが、エコツアーに興味があって参加した私も、海外旅行初体験の弟も、それぞれに多くを吸収して、人生を変えるほどの経験をさせて頂いたと思っています。続きはコチラでご覧ください。    鮫島 綾子

(さらに…)