Out of KidZania 森の町内会 林業体験~活樹祭~in岩手

国内ツアー2015/06/10

たくさんのご応募ありがとうございました。

  • 日程
    2015年8月6日(木)~8日(土)3日間
  • 場所
    岩手県岩手郡葛巻町(町内の森林・各施設など)

「木を切って使うことは、豊かな森のために必要なこと。」をテーマした林業体験を、自然いっぱいの岩手県葛巻町で「活樹際(かつじゅさい)」として実施します。国産材の様々な使い方を、葛巻町の工場や施設で見学したり、森の達人と共に木を切り、薪を作ったりと、様々な林業の体験を通して「新しい木の活用法」を考えます。
みなさまのご応募をお待ちしております。

■対象
小学校4年生~中学校3年生
・参加はお子様のみとなります。
・保護者の方は集合場所までのご同行となります。

■募集人数
25名
・最小催行人数15名、応募者多数の場合は、抽選にて決めさせて頂きます。
・地元のこどもたち15名と合わせて40名での活動となります。

■集合・解散時間と場所
・集合:8月6日(木)8:00 東京駅
・解散:8月8日(土)18:30 東京駅
(交通状況や天候により、集合、解散時間が変更になる場合があります)

■旅行代金
1人/22,500円
<旅行代金に含まれるもの>
プログラム中の移動に関わる交通費(新幹線、貸切バス)、食事代7回分(朝2食、昼3食、夜2食)、ワークショップ体験費、オリジナルグッズ(Tシャツ、名刺、キャップ、他)、宿泊費(2泊3日)、旅行保険
・支払い後の参加キャンセルの場合はキャンセル時期に応じて取消料が発生します。
・支払いは銀行振込となります。
・支払は銀行振込となります。
※詳細はリボーンの「旅行条件」をご確認ください。

■宿泊場所
くずまき高原牧場 (岩手県岩手郡葛巻町葛巻40-57-125)

■添乗員
添乗員は同行しません。
・移動、宿泊、食事、体験などについては、キッザニアスタッフも同行します。

■スケジュール
1日目 8月6日(木)
新幹線で岩手県葛巻町へ移動
地元のこどもたちと合流
葛巻町で木を使う仕事をしている工場や工房の見学
・木質バイオマス施設や、炭焼き工房などを見学します。
バーベキュー
・炭焼き工房で作った炭を使ってバーベキューを行ないます。
2日目 8月7日(金)
森の達人と林業の仕事体験
・森の入り、間伐をして薪を作ります。
森の達人にインタビュー
・木の良さや魅力、普段の生活でどんなふうに木を使っているかについて話しを聞き、アイディアをふくらませます。
トーテムポールの制作
・みんなでデザインを考え、チェーンソーアートでその形を切り出してもらいます。ヤスリをかけ、色を塗り、活樹際の記念碑として仕上げます。
キャンプファイヤー
・切り出した薪を使って、森の恵みを感じるキャンプファイヤーをします。
3日目 8月8日(土)
「活樹提案書」を作成
・多くの人に木を使ってもらうための、新しい木の活用を考えて提案します。
プレゼンテーション・まとめ
地元のこどもたちとお別れしてバスで移動
新幹線で東京駅へ

■プログラム主催
KCJ GROUP株式会社
■プログラム共催
環境NPO オフィス町内会
■プログラム協力
岩手県葛巻町森林組合
■旅行企画・実施
有限会社リボーン<エコツーリズム・ネットワーク>

米国グリーンネイバーフッド視察ツアー

海外ツアー2015/05/15

株式会社オルタナが主催する今回のツアーは、7月27日~8月1日に実施します。申し込みは5月7日から。定員は20名ですが、すでに11名の参加が決まっており、残席は9名となります。ご希望の方は、お早めにお申し込み下さい。

  • 日程
    2015年7月27日(月)~8月1日(土) 6日間
  • 場所
    シアトル・ポートランドに見る先進的廃棄物ビジネス/グリーンな街づくり/サステナブルな行政手法

・シアトルの先進的「スマート・ウェイスト・マネージメント」とは?
・グリーンネイバーフッド比較「パイオニアスクエア」(シアトル)VSパールスクエア」(ポートランド)
・生物模倣法(バイオミミック)による業種多様性モール(ポートランド)とは?

なぜポートランドやシアトルは「全米でもっとも住みやすい街」ランキング上位の常連なのでしょうか。最近話題の「グリーンネイバーフッド」とは何でしょうか。シアトルの先進廃棄物ビジネスは地域をどう変えているのでしょうか。

その答えは、グリーン(=ソーシャル/エコ/エシカル)な価値観を行政・企業・住民が共有し、より暮らしやすい地域を目指そうという確固たる意思にあると考えます。その意味で、シアトルやポートランドは、オープン・ソーシャル・イノベーションやシェアード・バリュー(CSV)など、弊誌「オルタナ」が取り上げてきた新しい潮流の先進事例だと言えるでしょう。

特にこうした地域では、行政の強いリーダーシップで住民のライフスタイル革新を導き、それを企業や大学などが強力にサポートしたり、協働する構図が浮かび上がってきます。

◆宿泊
シアトル:マックスホテル(予定)
ポートランド:エースホテル=90年前の建物をリノベーションしたポートランドの顔とも言われるビンテージ的価値が人気のホテル

◆参加費用
57万円(税込み、全泊ツイン)
・往復航空券、燃油サーチャージ、空港使用料、旅客保安サービス料、米国出入国諸税、航空保険料込み
・全泊シングルの場合は65万円(税込み)
・ビジネスクラス希望の方はご相談下さい

◆食事条件
朝4、昼2、夜2回付き。(機内食は除く)

◆申し込み期間
2015年5月7日(木)~6月26日(金)
申し込みフォーム: 
申し込み金:10万円(キャンセルの場合は戻りません。残金は6月26日までにお振込み下さい)
定員20名(残り8名)

企画立案:株式会社オルタナ
企画協力:白井グループ株式会社
旅行企画・実施:株式会社セブンカルチャーネットワーク 官公庁長官登録旅行業第1870号 (社)日本旅行業協会正会員
受託販売・旅行事務局:有限会社リボーン 東京都知事登録旅行業第2-4850号

(さらに…)

【大地を守る会】天ぷらバスで行く・ハーブ畑へ日帰り旅&農業体験〜7月〜(東京発着)

国内ツアー2015/05/14

2回目の企画(9月19日(土)開催予定)は、野菜を収穫して、屋外でカレーを自炊します。ぜひご参加ください!

  • 日程
    2015年7月5日(日)日帰り《東京駅発着》
  • 場所
    ハーブスマン’s(福山久之)さんの畑(茨城県行方市長野江)

ハーブ生産者・ハーブスマン’sさんの畑に伺います。ハーブスマン’sさんは、種の自家採取、有機栽培をし、太陽光と風乾による自然乾燥など、こだわりの生産をしています。初回はハーブの植えつけ・夏野菜の苗の植えつけについて、学び体験します。
連続企画(全2回)です。2回目の企画(9月19日(土)開催予定:8月号募集)は、今回のイベントで植えた野菜を収穫して、屋外でカレーを自炊します。ぜひ、連続でご参加ください。
※屋外調理等は、自然と共に生きる知恵と心を伝えるNPO法人アースマンシップが協力します。
※大地宅配を利用されていない方もご参加いただけます。

■参加費用
大人8,000円(中学生以上)、子ども(小学生以上)5,000円
<費用に含まれるもの>
貸切バス費、プログラム参加費、保険、消費税など
■定員
40名
■行程(予定)
7:45 東京駅・鍛冶橋駐車場に集合
11:00 現地到着(茨城県行方市)
ハーブ畑(ラベンダーなど)の見学。ハーブティーの試飲
12:00 昼食
13:00 夏野菜の苗植え、ハーブ(ミントなど)の種まき
15:00 現地出発
18:00 東京駅・鍛冶橋駐車場で解散
※東京駅から現地までは、㈲リボーンの通称「天ぷらバス」を利用します。これは家庭で使用された廃食油を回収・リサイクルした燃料「BDF」100%で走る観光バスで、移動中に排出されるCO2をカーボンニュートラルにしています。
※昼食はお弁当をご持参ください。
※現地到着後の行程は変わる場合があります。

■プログラム企画・運営
大地を守る会
■協力
NPO法人アースマンシップ
ハーブスマン’s
■旅行企画・実施
有限会社リボーン (東京都知事登録旅行業第2-4850号)

(さらに…)

「森が水をつくる」地域づくりと環境学習エコツアー

国内ツアー2015/04/17

終了しました。また来年をお楽しみに!

  • 日程
    2015年5月23日(土)日帰り《新宿駅発着》
  • 場所
    群馬県桐生市梅田町 柄杓山(城山市有林)、梅田清流広場 ※新宿駅集合・解散

都会に住む私たちの水を生み出してくれるのは森です。
桐生川の源流の森をみんなで手入れしたあとは、清流広場で地元の方々の心のこもったおもてなし料理を楽しみましょう!
竹トンボ、カブトムシの幼虫など、大事にしてくれる人にはお土産としてプレゼント!

〜環境学習プログラムの内容〜
①広葉樹の植林地下草刈り・獣害防止ネット設置作業
②上下流域住民の交流会(清流広場12:00~昼食)
③森と水のお話
④クラフト作成・カブトムシの幼虫プレゼント
⑤間伐板材お絵かき 他
⑥動力刈り払い機体験
⑦桐生川親水活動
⑧梅田ふるさとセンター訪問

※プログラムは天候等により、変更になることがあります。

■参加費用
大人:5,000円 小人:4,000円(小学生以下)
<参加費用に含まれるもの>
新宿からの往復バス代、体験プログラム代、昼食代、保険代、消費税等含む。

■定員
20名(最少10名)

■スケジュール(予定)
07:30 新宿駅西口 集合出発
10:30 群馬県桐生市 柄杓山付近に到着
(環境学習プログラム、昼食など)
15:30 現地出発予定
18:30 新宿駅西口 到着・解散予定
※天候や交通状況などの事由により変更する場合もあります。

■持ち物・服装
軍手、カッパ、水筒、活動しやすい服装(長ズボン)、
汚れても良い歩きやすい靴など

■申込締切
2015年5月18日(月)
※定員になり次第締切りとなります。お早めにお申込みください。

[共催]
桐生市、NPO法人赤城自然塾、桐生水源の森づくりの会
[後援]
桐生市教育委員会
[協力]
桐生広域森林組合、桐生の清流と森林を守る会、きりゅう市民活動推進ネットワーク、NPO法人エコツーリズム・ネットワーク・ジャパン、NPO法人国際自然大学校
[旅行企画・実施]
有限会社リボーン
(東京都知事登録旅行業第2-4850号 ANTA正会員)

(さらに…)

アースデイ東京2015に参加します

イベント2015/04/14
  • 日程
    2015年4月18日(土)、19日(日)
  • 場所
    代々木公園【C:ライフスタイル、循環型社会 C1ブース】

毎年、2日間で10万人が来場する、日本最大級の市民による地球フェスティバル「アースデイ東京」に環境まちづくりNPOエコメッセさんのご協力のもと、今年も参加します。
ふくしまオーガニックコットンプロジェクトの紹介を中心に、エコツアーの紹介を行います。日替わりでおてんとSUNメンバーも来場し、一部商品も販売予定です。ツアーに参加された方、ぜひ応援に来てください!

アースデイ東京2015開催情報
開催日程:2015年4月18日(土)、19日(日)
会場:代々木公園【C:ライフスタイル、循環型社会 C1ブース】
※「使用済み天ぷら油回収所」が目印です。
アースデイ東京2015 会場マップ ゾーンC、D(PDF:4.20MB)

カテゴリから関連する記事をさがす
お知らせイベント
タグから関連する記事をさがす

タグはありません。

スウェーデン説明会(スウェーデン風お茶会)byリボーン

イベント2015/04/01
  • 日程
    2015年4月19日(日)18:00〜19:30まで
  • 場所
    リボーン本社(新宿御苑前)

折角レーナさんが日本にいらっしゃるので、この機会にフィーカ(スウェーデン風お茶会)兼説明会をリボーン本社で開催することにしました。
スウェーデンへ行きたいとお考えの方、この機会にスウェーデンのことをどんどん質問してください。
過去に弊社のスウェーデンツアーに参加された方、同窓会気分で懐かしのフィーカを楽しみましょう!

■日程:2015年4月19日(日)18:00〜19:30まで
■場所:リボーン本社(新宿御苑前)

【主催者】
エコツーリズムプロデューサー 壱岐健一郎
持続可能なスウェーデン協会 理事・日本代表 レーナ・リンダル

ご参加の方はこちらから
https://www.facebook.com/events/811444728944573/
※Facebookをしていなくて、参加したいけど参加ボタンが押せない方は、弊社まで参加希望の旨ご連絡ください。

カテゴリから関連する記事をさがす
お知らせイベント
タグから関連する記事をさがす

タグはありません。

天ぷら油リサイクルバスで行く!ふくしまオーガニックコットンプロジェクト2015(植付けツアー)

国内ツアー2015/03/19

~出会いに感謝~ 新生!再生!     お陰様でリボーンは2015年5月1日に15歳の誕生日を迎えます。そこで、この機会にこれからのツーリズムのあり方を提案したいと思っています。同日、古民家を改装した「いわき自然エネルギー学校」がスタートします。同じ誕生日となる学校をできるだけ利用しながら応援して行きたいと思います。  旅を通じて「衣・食・住」どんな暮らしが幸せなの?と考える、いや 感じるひとときを過ごしてみませんか。出発前に、リボーン15周年記念オーガニック夕食会(新宿社内)へもご招待します。

  • 日程
    2015年5月1日(金)20:00~2日(土) 1泊2日《新宿駅発着》
  • 場所
    福島県いわき市周辺

世界の綿生産地では、化学肥料、除草剤、落ち葉剤などの農薬の大量使用により、環境や健康被害が深刻です。先進諸国では、こうした状況を改善していこうという考えから、農薬や化学肥料を使わないオーガニックコットン製品の需要が高まっています。
ふくしまオーガニックコットンプロジェクトは、2012年に始まりました。食用ではなく、塩害にも強い綿を有機栽培で育て、収穫されるコットンを製品化する一連の取り組みで、地域に活気と仕事を生み出すことを目的としています。
リボーンは当初から手間のかかる作業のサポートをするために、天ぷらバスボランティアチームとして延べ1000人以上の皆さんを送り出してきましたが、大震災、原発事故後4年以上経過した現在、あらためて現地に行くメンバーを呼びかけることの必要性を感じています。それは当初の同情や正義感に訴える労働奉仕的ボランティアツアーではなく、学びの多い出会いの旅ともいえる「ジョイフルワークショップ」として取り組むことで、参加者自身がこれまで以上に楽しく、美味しく、充実感を感じることができ、地元からの期待にも十分に応えること目指します。
リピーターの皆さんはもちろん、農作業が初めて、ふくしまが初めての方々も大歓迎です。秋の真っ白なコットンの収穫を夢見てご一緒しましょう!

■参加費用
お一人 15,000円 (大人/小人共通)
<現地参加費用に含まれるもの>
宿泊費(男女別で4名定員の相部屋)、食事(朝1/昼1/夕0)、体験、新宿~現地移動バス代、消費税など。

■スケジュール(予定)
5/1(金)
新宿御苑前20:00出発=いわき湯本温泉古滝屋(入浴、宿泊)
5/2(土)
古滝屋=オーガニックコットン種まき,植付け(木紅木さんのオーガニック農園)=いわき自然エネルギー学校(ソーラークッカーでの料理など昼食と交流会)=19:00新宿到着解散
5/1の18時~出発までリボーン社内でのオーガニック夕食会を行ないます(ご招待/自由参加)。自由参加なので、18時に間に合わなくても大丈夫です。20時出発までにご集合ください。
※天候や交通状況などの事由により変更する場合もあります。
※上記行程は、活動先の状況や天候、交通状況などの事由により変更となる場合があります。予めご了承ください。

■募集人員
20名まで(最少催行人数:10名)
※定員になり次第、締切とさせていただきます。

(さらに…)

循環型社会をつなげる!リボーンの天ぷらバス。

お知らせ2015/03/17

※写真の天ぷらバスは現在利用可能な小型とは異なります。

●CO2±0(ゼロ)のエコツアー!

リボーンでは、循環型社会のモデルを体験・啓蒙するため、主に都市近で、郊からのバスに家庭で使用された廃食油を回収・リサイクルした燃料『BDF(バイオディーゼルフューエル)』100%で走る観光バス、通称『天ぷらバス』を採用し、 移動中に排出されるCO2を大幅に削減しています。この『BDF』は 植物性の燃料なのでカーボンニュートラル。よって『天ぷらバス』は、CO2排出 ±0(ゼロ)のエコバスになります。

●天ぷらバスは移動教室に!

さらに『天ぷらバス』は単なる移動手段だけでなく、同じことに関心を持っている人達と出会い、親しくつながるチャンスです。特にバスツアーは、さらに往き帰りのバスの中では移動教室(環境ビジネスセミナー、顧客交流など)としてご利用いただくお客様も増えています。

※リボーン主催の『天ぷらバス』ツアーでは、旅の意義をより深く理解し、より多くのことを発見できるように、訪問先の自然・文化・歴史など詳しく紹介しています

写真(左):ツアーディレクターからの車内レクチャー 写真(右):サロン風に活用した車内勉強会

写真(左):ツアーディレクターからの車内レクチャー 写真(右):サロン風に活用した車内勉強会

※カーボンニュートラル(炭素中立)とは…もちろん車が走れば燃料は燃やされて温室効果ガスである二 酸化炭素(CO2)を発生しますが、『BDF』は化石燃料では なく植物性燃料であるため、発生したCO2はその起源であ る 植物自身が再び吸収してくれるとして、CO2の発生を±0(ゼ ロ)と見なすことができます。この考え方をカーボン ニュートラル(炭素中立)といいます。『BDF』は軽油の替わりとして自動車のエンジンや発電機など幅広い利用ができます。

●天ぷらバスを利用したエコツアーをお考えの担当者の方へ

都市農村交流、自然体験など、リボーンが企画・主催する国内のバスツアーでは、すべて『天ぷらバス』を使用しています。またオーダーメイドのエコツ アーをお望みの自治体、NGO、企業、教育機関などのお客様には、環境に配慮した交通機関、移動手段としてこの『天ぷらバス』を企画、提案しています。
またご要望に応じて、『天ぷらバス』だけのレンタル手配も可能です。

写真(左):新宿区立環境学習情報センターのエコツアーで利用 写真(右):東京ガス・どんぐりプロジェクトツアーで利用

写真(左):新宿区立環境学習情報センターのエコツアー 写真(右):東京ガス・どんぐりプロジェクトツアー

【過去の事例】
◎ 都市農村交流グリーンツアー(日帰りバスツアー)(平成21年 度 農水省補助事業)
◎ BDFバス全国キャラバン カーボンニュートラル・エコツアー(平成19年度 新エネルギー・省エネルギー非営利活動 促進事業)
◎ 里山、森林整備(間伐、下草刈り、植林、どんぐり拾いなど)
◎ 有機生産農家視察・農作業体験◎ 環境対策施設見学(発電所、廃棄物処理場、地域冷暖房施設ほか)
◎ 富士山清掃ボランティア(課外授業、社員研修、顧客サービスな どとして)
◎ イベント来場者輸送(環境フェア、国際会議、見本市会場内輸送など)

●天ぷらバスのタイプと設備

◎車種について:
2006年の4月に開催されたアースデイ東京2006で、デモンストレーションで走らせたことからスタートし、その後は営業車として走らせています。
現在利用可能な『天ぷらバス』は、小型1台、中型1台、大型1台です。
通常は、軽油で走っている観光バスを、大南観光さんと東京小田バスさんにご協力いただき、エコツアー用・皆さんのためにBDFに入れ変えて走らせています。
運営/総代理店:リボーン
小型バス 1台(正席25 補助席なし)
中型バス 1台(正席29 補助席なし)
大型バス 1台(正席45 補助席8)

◎営業区域について:
貸切観光バスは、定められた営業区域内から出発または到着する行程でなければご利用いただけません。
【天ぷらバスの営業区域】東京都内とその他一部地域(発着)


●お申込み・お問合せについて

メールフォームの項目の他に、備考欄にお申込み用紙(PDF)に記載されているをご記入ください。
→メールフォームはこちら

※お見積りついて※
拘束時間や移動距離によって料金がかわるため、「集合・出発時間場所、現地出発時間場所、解散時間場所」などの項目をお知らせください。お見積り後に、利用内容が大幅に変わる場合、料金もかわる可能性があります。
また、相見積りのためのお見積りはお断りさせていただいております。天ぷらバスとして貸切運行しているのは、東京都内で弊社だけですので(2016年4月現在)競争入札や一般の価格競争(コンペ)には基本的に参加せず、依頼主との随意契約となります。ご理解いただけると幸いです。

→天ぷら油リサイクルバスご利用上の注意

カテゴリから関連する記事をさがす
お知らせ
タグから関連する記事をさがす

タグはありません。

どんぐりプロジェクト2015 春のスクール

イベント2015/03/16
  • 日程
    2015年5月16日(土)日帰り
  • 場所
    長野・東京ガスの森(長野県北佐久郡御代田町)

リボーンは、東京ガスが主催する「どんぐりプロジェクト」の旅行事務局を担当させていただいております。
春のスクールの募集が開始しました!ぜひご参加ください。

どんぐりプロジェクト 春のスクール
■テーマ
見つめよう!森の静かな目覚め
■日程
2015年5月16日(土)(雨天決行、荒天検討)
■場所
長野・東京ガスの森(長野県北佐久郡御代田町)
■定員
45名
■対象
小学生以上(18歳以下は保護者同伴)
■参加費
高校生以上:4,000円 小・中学生:2,000円(事前振込)
(池袋からの往復バス代、体験プログラム代、保険代、消費税等含む)
スケジュール・ツアー詳細・お申込みはこちらから


カテゴリから関連する記事をさがす
お知らせイベント
タグから関連する記事をさがす

タグはありません。