英国の地方都市で“ローカル”と“オーガニック”を学ぶ旅

海外ツアー2018/08/01

英国の地方都市で“ローカル”と“オーガニック”を学ぶ旅

soil association headquarters bristol

schumacher-college-and-Satish-Kumar

schumacher college

 

 

 

 

the tobacco factory bristol

Totnes High Street

Dartington Estate

foxhole community garden

 

 

 

 

——ご挨拶—————————————————————————————–

昨年11月、2日間にわたる「しあわせの経済・世界フォーラム」というシンポジウムにどっぷりと浸かる機会を得て、ぼくは大きな衝撃を受けた。

主題は“グローバリズムからローカリズムへ”、インド、中国、韓国、タイ、ブータンなど海外からの登壇者19名、国内からは企画した文化人類学者の辻信一さん、幸せ経済社会研究所の枝廣淳子さん、法政大学総長田中優子さんなど19名。

その中でも、インドのラダックで暮らし、急速に進む開発による文化と自然環境の破壊を目のあたりにし、現地の人々とラダックの持続可能な発展を目指すプロジェクトLEDeG (The Ladakh Ecological Development Group)を創設、もう一つのノーベル賞として知られる“ライト・ライブリフッド賞を1986年に受賞したヘレナ・ノーバーク=ホッジ。

イギリスで初めて自転車都市、フェアトレード・シティに選ばれたブリストル市で、地域通貨「ブリストル・ポンド」の導入や再生可能エネルギーの普及に取り組んだ前ブリストル市長のジョージ・ファーガソン。2015年にはヨーロッパの環境都市の代名詞「グリーン・キャピタル・シティ」を受賞している。

そしてマハトマ・ガンディーの‟非暴力”と‟自立“の思想に共鳴し、2年半かけて核大国の首脳に核兵器の放棄を説く1万4千キロの平和巡礼を敢行。1973年から英国に定住し、イギリスの経済学者で『スモール・イズ・ビューティフル』の著者E.F.シューマッハーとガンジーの思想を引き継ぎ、‟シューマッハ・カレッジ“を創設したサティシュ・クマール。この3名の講和は“ローカリズム”の原点にある考え方を鮮明に伝えていた。

ぼくは、それまで“オーガニックとローカリズム”は二つにして一つの取り組みという漠然とした思いを持っていたが、このシンポジウムによって、この二つは切り離せないものであることを確信するに至った。合理性と効率性の徹底した追求が“グローバリズム”を生み出し、今やその到達点が“非合理”と“非効率”に満ちていることに多くの人が気付き、世界で、また日本の各地でも改めて“ローカリズム”への動きが具体化し、大きな潮流となりつつあることを知ることが出来た。そしてその中心にいつもオーガニック、有機農業があるのである。

こうなると虫が騒ぐ。その最先端を肌で感じる、触れることで、さらに確信を達成すべき目標に転換する。そこで選んだ訪問先がイギリス南西部にあるブリストル市を中心とする地域だ。上記シンポジウムの仕掛人、辻信一さんと実行委員でオーガニックコットンの草分け、㈱アバンティの渡邊智恵子さんの協力を得て、このツアーでは何とヘレナ、クマール、さらにはブリストル前市長のジョージ・ファーガソンとも会い、交流できる幸運にも恵まれ“ローカリズム”の神髄に触れることのできる旅の企画となった。

オーガニックはもちろん、これからの地域づくりに関心のある方に是非参加いただきたい。

一般社団法人フードトラストプロジェクト 徳江倫明

——————————————————————————————————-

 

最新日程表 → 2018英国日程表ページ0816

※下部の<ツアーのポイントと人物紹介>とあわせてご確認ください。

■旅行期間:2018年10月21日(日)~10月27日(土) 7日間

■現地参加費用(予定):お一人 295,000円(1人1室希望者の追加費用40,000円)
※海外航空運賃は含まれておりません。
*料金に含まれているもの:宿泊代(2名1室)、視察、食費(朝5、昼1、夕1回)など日程表記載の内容。
*料金に含まれていないもの:航空運賃、航空諸税、海外旅行保険、チップ、飲み物他個人的費用他、日程表記載外の内容。

■利用ホテル:ダブルツリー(ブリストル)、ダーティントンホール(トットネス)、
バーフォードゲートウェイズ(コッズウォルズ)、トラベロッジ(ロンドン)または、同等クラス

■定員:15名

■最少催行人数:10名

※海外航空券の手配はご希望により承ります。2018年7月15日現在、日程表に記載のBA(英国航空)はエコノミークラス約18万円、ビジネスクラス約75万円(航空券、燃油SC、航空税)で購入できますが、購入時期が遅くなると高くなる場合もあります。ご自身で手配されて、他社便利用の場合は別途お知らせください。現地集合、解散の際の確実な手配の調整をさせていただきます。

■ツアーのポイント(訪問先概要)

★ 映画「しあわせの経済学」ヘレナ・ノーバーグホッジ監督他ゲストと合流し交流会

★「トバコファクトリー TOBACCO FACTORY」
1998年にW.D&H.O Wills(現在のインペリアルでタバコ業界トップ3)の第3工場として建設され
1986年頃までタバコの生産をしていたが、その後生産を他工場に移した為1993年まで放置。
ブリストル前市長で建築家のジョージ ファーガソン氏によって工場の解体を免れ、彼のビジョンが近代的再築のモデルとなり、現在は多目的ビルとしてカフェ、アートスクール、アパート、オフィス、シアターが入居し、ローカルコミュニティーへのサポート(サンデーマーケットの開催等)、環境への影響を低減する活動。
*シアターの電力の33%を太陽光発電でまかなう
*80%のゴミをリサイクル     *可能な限りローカルの物を調達
*敷地内で育てたハーブを利用   *地域通貨の利用可
*電力使用量の少ない電球を利用     *各階に自転車置き場を設置+電気自動車の充電ポイントを設置

★「英国土壌協会 SOIL ASSOCIATION」
イギリスのオーガニック認証機関。1946年「健康な土壌が健康な植物を育み、それが健康な体を生んでいく」という基本理念をもとに英国土壌協会として設立。設立から60年を超えた今、イギリスのオーガニック製品の約80%がここの認定を受けている。ECの一般的なオーガニック基準よりも項目が細かく、多岐にわたっていて、1つ1つの項目自体も厳しく、審査が厳しい事でも有名な団体。

★「TTT(トランジッションタウントットネス)」
自給自足の考えを軸に、石油枯渇、気候変動、経済不安定時に耐性のある社会を作る事を目的にして、2006年トランジッションネットワークがトットネスに設立されました。TTTは世界43カ国1130団体が登録している地域プロジェクトです。

★体験(DARTINGTON ESTATE)、宿泊(DARTINGTON HALL)、夕食(WHITE HART RESTAURANT)
ダーティントンエステイトで コミュニティガーデン、フードフォレスト、養蜂家協会などを訪ね、シューマッハカレッジの授業が行われるダーティントンホールは開放感と歴史に満ちた落ち着いた雰囲気があり、限られた人数の宿泊施設として使用する。併設するレストランのホワイトハートはサステイナブルレストラン2017ディナー部門で1位に輝いている。サティシュクマールさんに直接お話いただくことで、シューマッハを少し体感させていただきます。
https://www.dartington.org/visit/stay/

★地元の方々と意見交換(RE-ECONOMY PROJECT CENTRE 再経済計画センター)
地域経済の説明として、再経済の青写真、地元の起業家のフォーラム(持続可能なビジネス/プロジェクトアイデアで地域の方をサポート)、地域投資、トットネス・ポンドなどについて意見交換を含め、お話を伺います。

★廃屋利用都市再生農業の拠点(URBAN MUSHROOM FARM 都市部きのこ農場)
ユニークな都市農業プロジェクトで、未使用のオフィスを改装しエクセターシティの中心部にあります。
毎週、市内のカフェからでる数百キロのコーヒーかすで栽培されたきのこは
イングランド南西部の最高のレストランや食べ物店で利用されています。
地元の廃棄物が地元の使用のための堆肥に変わります。

★コニュニティ直営地産地消店(THE REAL FOOD STORE)
70%は地元から、90%は地域からの生産物を取り扱っており、
さまざまなイベントや料理教室、パン屋やカフェも主宰しています。

★デイルズフォード・オーガニック 農場(Daylesford Organic farm)
1970年代、オーガニックの先進国イギリスのコッツウォルズ地方で、キャロル・バンフォード夫人が、「自分の子供たちに、
安全なものを食べさせたい」という母親としての願いからオーガニック農場をスタートさせたことが始まりでした。
“オーガニック農法でリアル・フード(本物の食材)”を栽培し、自然に育まれた美味しさを活かす方法で栽培するということに
こだわりつづけ、今では英国トップクラスの農場のひとつと言われるほどまでに発展しました。
デイルズフォードのビジョンは、多くの人々の共感を呼び、英国のみならずヨーロッパでオーガニックブランドとしての
地位を確立しています。

★オーガニックスーパー訪問(地方都市とロンドンで数箇所)
ウェートローズほか

 

■紹介

ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ 
スウェーデン出身。1975年、インド・ラダック地方への外国人の入域が許可された後の最初の訪問者の一人。言語研究者として長期滞在、ラダック語の英語訳辞典を制作。以来、ラダック文化とそこに暮らす人々に魅了され、毎年ラダックで暮らすようになる。急速に進む開発とそれに伴う文化と自然環境の破壊を憂い、現地の人々と共に、ラダックの持続可能な発展を目指すプロジェクトLEDeG (The Ladakh Ecological Development Group)を創設。
この活動が評価され、もう一つのノーベル賞として知られる、ライト・ライブリフッド賞を1986年に受賞。40カ国以上で訳された著書『ラダック 懐かしい未来』は世界中で大きな影響を与えた。またグローバリゼーションを痛烈な批判し、ローカリゼーションへの筋道を示した映画『幸せの経済学』を制作、以後、「ローカル・フューチャーズ」を設立し、「しあわせの経済」会議を世界各地で開催、国際ローカリゼーション運動の最先頭に立つ。

 

サティシュ・クマール
1936年インド生まれ。9歳でジャイナ教の修行者となり、18歳で還俗。マハトマ・ガンディーの非暴力と自立の思想に共鳴し、2年半かけて核大国の首脳に核兵器の放棄を説く1万4千キロの平和巡礼を行う。1973年に英国定住。
40年にわたってエコロジー&スピリチュアル雑誌「リサージェンス(再生)」の編集長を務める。また「スモール・イズ・ビューティフル」の著者として知られる経済学者E・F・シューマッハー、とガンディー、タゴールらの思想を引き継ぐ大学院大学「シューマッハー・カレッジ」を創設。世界中で講演を行い、Soil(土)Soul(心)Society(社会)の3Sの大切さを伝えている。
日本語の著書『君あり故に我あり』(講談社)、『サティシュ・クマールのゆっくり問答』(素敬パブリッシング)、『人類はどこへいくのか』(ぷねうま舎)、他多数。DVDに「サティシュ・クマールの今、ここにある未来」(ゆっくり堂)。

 

ジョージ・ファーガソン
2012 年 11 月にブリストル市長に選出。建築家、環境活動家及び社会実業家としての経歴を経て、市長選に無所属で立候補し選出されたイギリス初の市長。 ブリストル市は2015年度の「ヨーロッパ・グリーン・キャピタル」に選ばれ、ヨーロッパで最も住みやすく創造的な都市として世界に知られるようになった。都市とコミュニティの再生と持続可能な地域づくりにおいて、世界的なオピニオン・リーダーとして知られる。2010 年には建築とコミュニティへの貢献が認められ、大英帝国勲章を受章。

<企画主催>
一般社団法人フードトラストプロジェクト
<旅行企画・実施>
株式会社 旅倶楽部
<受託販売・現地プログラム企画>
有限会社リボーン<エコツーリズム・ネットワーク>