リボーンは『ヘルス』&『エコ』ツーリズム。ココロとカラダが活き活きとなる旅をプロデュースしています。

循環型社会をつなげる!リボーンの天ぷらバス。

※写真の天ぷらバスは現在利用可能な小型とは異なります。

●CO2±0(ゼロ)のエコツアー!

リボーンでは、循環型社会のモデルを体験・啓蒙するため、主に都市近で、郊からのバスに家庭で使用された廃食油を回収・リサイクルした燃料『BDF(バイオディーゼルフューエル)』100%で走る観光バス、通称『天ぷらバス』を採用し、 移動中に排出されるCO2を大幅に削減しています。この『BDF』は 植物性の燃料なのでカーボンニュートラル。よって『天ぷらバス』は、CO2排出 ±0(ゼロ)のエコバスになります。

●天ぷらバスは移動教室に!

さらに『天ぷらバス』は単なる移動手段だけでなく、同じことに関心を持っている人達と出会い、親しくつながるチャンスです。特にバスツアーは、さらに往き帰りのバスの中では移動教室(環境ビジネスセミナー、顧客交流など)としてご利用いただくお客様も増えています。

※リボーン主催の『天ぷらバス』ツアーでは、旅の意義をより深く理解し、より多くのことを発見できるように、訪問先の自然・文化・歴史など詳しく紹介しています

写真(左):ツアーディレクターからの車内レクチャー 写真(右):サロン風に活用した車内勉強会

写真(左):ツアーディレクターからの車内レクチャー 写真(右):サロン風に活用した車内勉強会

※カーボンニュートラル(炭素中立)とは…もちろん車が走れば燃料は燃やされて温室効果ガスである二 酸化炭素(CO2)を発生しますが、『BDF』は化石燃料では なく植物性燃料であるため、発生したCO2はその起源であ る 植物自身が再び吸収してくれるとして、CO2の発生を±0(ゼ ロ)と見なすことができます。この考え方をカーボン ニュートラル(炭素中立)といいます。『BDF』は軽油の替わりとして自動車のエンジンや発電機など幅広い利用ができます。

●天ぷらバスを利用したエコツアーをお考えの担当者の方へ

都市農村交流、自然体験など、リボーンが企画・主催する国内のバスツアーでは、すべて『天ぷらバス』を使用しています。またオーダーメイドのエコツ アーをお望みの自治体、NGO、企業、教育機関などのお客様には、環境に配慮した交通機関、移動手段としてこの『天ぷらバス』を企画、提案しています。
またご要望に応じて、『天ぷらバス』だけのレンタル手配も可能です。

写真(左):新宿区立環境学習情報センターのエコツアーで利用 写真(右):東京ガス・どんぐりプロジェクトツアーで利用

写真(左):新宿区立環境学習情報センターのエコツアー 写真(右):東京ガス・どんぐりプロジェクトツアー

【過去の事例】
◎ 都市農村交流グリーンツアー(日帰りバスツアー)(平成21年 度 農水省補助事業)
◎ BDFバス全国キャラバン カーボンニュートラル・エコツアー(平成19年度 新エネルギー・省エネルギー非営利活動 促進事業)
◎ 里山、森林整備(間伐、下草刈り、植林、どんぐり拾いなど)
◎ 有機生産農家視察・農作業体験◎ 環境対策施設見学(発電所、廃棄物処理場、地域冷暖房施設ほか)
◎ 富士山清掃ボランティア(課外授業、社員研修、顧客サービスな どとして)
◎ イベント来場者輸送(環境フェア、国際会議、見本市会場内輸送など)

●天ぷらバスのタイプと設備

◎車種について:
2006年の4月に開催されたアースデイ東京2006で、デモンストレーションで走らせたことからスタートし、その後は営業車として走らせています。
現在利用可能な『天ぷらバス』は、小型1台、中型1台、大型1台です。
通常は、軽油で走っている観光バスを、大南観光さんと東京小田バスさんにご協力いただき、エコツアー用・皆さんのためにBDFに入れ変えて走らせています。
運営/総代理店:リボーン
小型バス 1台(正席25 補助席なし)
中型バス 1台(正席29 補助席なし)
大型バス 1台(正席45 補助席8)

◎営業区域について:
貸切観光バスは、定められた営業区域内から出発または到着する行程でなければご利用いただけません。
【天ぷらバスの営業区域】東京都内とその他一部地域(発着)


●お申込み・お問合せについて

メールフォームの項目の他に、備考欄にお申込み用紙(PDF)に記載されているをご記入ください。
→メールフォームはこちら

※お見積りついて※
拘束時間や移動距離によって料金がかわるため、「集合・出発時間場所、現地出発時間場所、解散時間場所」などの項目をお知らせください。お見積り後に、利用内容が大幅に変わる場合、料金もかわる可能性があります。
また、相見積りのためのお見積りはお断りさせていただいております。天ぷらバスとして貸切運行しているのは、東京都内で弊社だけですので(2016年4月現在)競争入札や一般の価格競争(コンペ)には基本的に参加せず、依頼主との随意契約となります。ご理解いただけると幸いです。

→天ぷら油リサイクルバスご利用上の注意

2015.03.17 12:00:53
カテゴリ