「ヤマキ御用蔵春まつり」直行 天ぷらバス

イベント2012/12/26

終了しました。来年をお楽しみに!天ぷらバスでの参加者限定で、ヤマキ御用蔵スタッフの方に蔵見学&お花見ポイントへもご案内いただきます。

  • 日程
    2013年4月14日(日)
  • 場所
    埼玉県神川町(ヤマキ御用蔵)

明治35年創業のヤマキ御用蔵は、味噌・醤油蔵から始まり、百年を越えるものづくりを続けています。国産大豆を使った上品な味わいの醤油や味噌は、皇室へも献上しています。

地元神川町に農業法人「豆太郎」をつくり、50年に渡って自然農に取り組んできた須賀さんに栽培指導をお願いして原料となる大豆や小麦をつくったり、仕込み水の源流となる森林の保全にも取り組むなど、企業として環境の保全と安全な食の提供にも取り組んでいます。

そんなヤマキ御用蔵で、毎年恒例『食』のお祭りの開催が決定!
天ぷらバスでの参加者限定で、ヤマキ御用蔵スタッフの方に蔵見学&お花見ポイントへもご案内いただきます。

■参加費用
お一人 5,000円(大人/小人共通)
※座席を利用しない幼児は無料
※往復バス代、保険代、雑費として
※昼食代金、各体験プログラム費用は含まれていません。
■募集人員
25名(最小催行人数15名)
※定員になり次第、受付終了となります。お早めにお申込みください。
■旅程管理者
同行します
(NPOエコツーネットスタッフ)
■スケジュール(予定)
07:30 新宿駅西口 集合/出発
10:30 ヤマキ御用蔵 到着
(蔵見学、桜観賞、自由行動など)
15:00 ヤマキ御用蔵 出発
18:00 新宿駅西口 到着/解散予定
※ツアーの内容は、天候や交通状況などの事由により変更する場合もあります。

■協力
ヤマキ御用蔵グループ

(さらに…)

「オリーブはばたき日帰りバスツアー」のご紹介

イベント2012/11/07

福島いわきへ行こう!オリーブを育てよう!

  • 日程
    11月23日(祝・金)
  • 場所
    福島県いわき市

いわきオーガニックコットンプロジェクトに続き、リボーンが協力をしている復興支援活動バスツアーのご紹介です。

いわきのオリーブ農園へ行って農作業体験をしたあとは温泉で汗を流していただく日帰りのワークショップです。
オリーブのはばたき交流会プロジェクトは、福島県の「いわきオリーブプロジェクト研究会」のみなさんとともに、2012年2月、6月と中野の新井薬師梅照院でオリーブの挿し木、また11月4日には苗木の植え替えワークショップを行いました。現在、参加者のみなさんに挿し木や苗木をそれぞれの自宅で栽培していただき、「大きく生長したオリーブをいわきの農場に植えよう!」と3~5年かけた長期的なプロジェクトを試み、進行中です。

*日時:11月23日(祝・金)
*集合時間:7時30分
*集合場所:中野駅周辺(7時30分出発)
*参加人数:40人
*参加代金:大人8,000円 小人4,000円(小学生以下)
詳細・お申込みについてはこちらをご覧ください。

【主催】
■「オリーブのはばたき」事務局
(おこのみっくす編集部/㈱エフ・スタッフルーム内)
■いわきオリーブプロジェクト研究会
【協力】
■いわきいきいき食彩館 スカイストア ■はあべすと ■和光園(中野区鷺宮)■福島県いわき湯本温泉 古滝屋
【旅行企画・実施】
■有限会社リボーン〈エコツーリズム・ネットワーク〉
東京都知事登録旅行業第2-4850号 (社)全国旅行業協会 会員


スウェーデンツアー報告会、説明会を開催します。

イベント2012/10/23

リボーンのスウェーデンツアーで現地をご案内いただいている、レーナ・リンダルさん(持続可能なスウェーデン協会、理事、日本代表)が来日されているため、イベントを企画しました。 2012年9月のツアーの様子などの紹介を兼ねた報告会と次回ツアーの説明会を同時開催します。

  • 日程
    2012年10月29日(月)19:30
  • 場所
    三軒茶屋、カフェオハナ

次回スウェーデン視察ツアーの日程が決まりました。

●未来に希望のもてる教育とエネルギー政策を求めて!
持続可能な社会を目指すスウェーデン市民と出会う旅
2013年2月2日(土)〜9日(土)現地滞在8日間
地域:ストックホルムからバルト海の西海岸を北上し、スンスヴァル、ティムロー、シェレフテオー、ウーメオなど北方地方

テーマ:
チェルノブイリ経験のフォローアップ、原発反対団体など運動する市民との交流、再生可能エネルギー、環境教育、民主主義

それに伴い、リボーンのスウェーデンツアーで現地をご案内いただいている、レーナ・リンダルさん(持続可能なスウェーデン協会、理事、日本代表)が来日されているため、イベントを企画しています。

2012年9月のツアーの様子などの紹介を兼ねた報告会と次回ツアーの説明会を同時開催します。

●前回スウェーデンツアー報告会、次回ツアー説明会
10月29日(月)19:30
会場:三軒茶屋、カフェオハナ  
http://www.cafe-ohana.com/

また、日本で長年暮らすスウェーデン生まれのレーナさんと、スウェーデンで暮らす日本生まれのアキコさんが最近思っていることをお話しするトークイベントも別日程で開催します。

●2人のスウェーデントーク
11月22日(木)19:30
会場:三軒茶屋、カフェオハナ  
http://www.cafe-ohana.com/

レーナ・リンダル(Lena Lindahl)+ アキコ・フリッド(Akiko Frid)
詳細が決まり次第アップします:
http://sustainablesweden.jp/

アキコさんのほかの予定は彼女のブログを参考にできます。
http://akikofrid.exblog.jp/

上記イベントへ参加ご希望の方は、リボーンまでご一報ください。





カテゴリから関連する記事をさがす
お知らせイベント
タグから関連する記事をさがす

タグはありません。

「九州森林スポーツフェスタ」をプロデュースしています

イベント2012/09/19
  • 日程
    2012年11月25日(日)
  • 場所
    福岡県粕屋郡篠栗町

リボーンでは、

九州森林スポーツフェスタ2012 in ささぐり』をプロデュースしています。


2012年11月25日(日)開催

森林マラソン、森林浴ウォーク、ノルディックウォーキング、

五感で感じるささぐりの森(巨木観察) の種目をはじめ

植林や地産地消体験も行います!


詳しくは 公式HPにて!申込締切 10月22日(月)


おひとりでも、ご家族で、お友達と!森で気持ちのいい汗流しませんか?

どうぞお早めにお申し込みください。

  


「森」は生きるための酸素、水を生み出す命の源泉。

大切なことは誰でも知っている。
その「森」が地球上から確実に急速に失われて
来ていることも多くの人が知っている。
どうしていいのかわからない。
そこで、わたしたちは提案します。
「森」を語るより、まず「森」に入ろうと。
「森」はもっと身近な存在だったはず。
「森」の大切さを声高に訴えるより、
「森」の楽しさを自分の体で「エコスポーツ」を通じて、もっと自然なつき合い方がわかるかもしれません。

特に温暖化対策が待ったなしとなった現在、循環型社会モデルの体験を通じて、

健康な心と体をつくりながら 、森を大事にすることで、CO2まで減らしていくことも目指しています。
これからも「森」を増やす、維持する、大切にする、続ける。
今年もささぐりの森でお会いしましょう!


カテゴリから関連する記事をさがす
お知らせイベント
タグから関連する記事をさがす

タグはありません。

「オーガニックコットン援農・交流ツアー」のご紹介

イベント2012/07/20
  • 日程
    2012年8月4日(土)~5日(日)
  • 場所
    福島県いわき市

天ぷら油リサイクルバスを使った復興支援活動をご紹介します。

ふくしま支援・人と文化ネットワーク」さんが、いわき市のNPO「ザ・ピープル」さんとの共同事業として、援農と農家の人たちとの交流イベントを企画しています。
福島は原発事故だけが大きく報道され、その陰で暮らしている人たちの日常生活については、あまり報道されていません。
ぜひ、この機会に津波被災の状況、農家の人たちの悩みと課題を聞き、さらに交流を通して、今後の福島のあり方について共に知恵を出し合っていきたいという活動です。

*日時:8月4日(土)~5日(日)
*集合時間:8時20分(8時30分出発)
*集合場所:有楽町駅近く「鍛冶橋駐車場」
*参加人数:40人
*バス:家庭からの天ぷら油を回収・リサイクルした軽油で走る大型バス。
助成金を得ましたので、バス経費は無料となります。
(助成金に含まれるもの:保険、バス経費、運転手経費)
*費用:宿泊費(シングル7000円・ツイン5000円)と食費
*現地コーディネート:NPO法人ザ・ピープル 吉田恵美子理事長
*宿泊:「湯の岳山荘」 いわき市常磐藤原町湯ノ岳2-1  電話 0246-44-3273
*詳細・ご応募についてはこちらをご覧ください

主催:ふくしま支援・人と文化ネットワーク

「えねぱそ」交流会を開催!「シェーナウの想い」上映&ゲストに池田香代子さん!

イベント2012/07/10
  • 日程
    2012年7月20日(金)
  • 場所
    四谷地域センター12F多目的ホール(東京都新宿区内藤町87)

リボーンでは、リボーンではエナジーグリーン株式会社が発行する『グリーン電力証書』を販売することや、『グリーン電力証書』を使ったエコツアーに企画したり、ツアー中の『自然エネルギー勉強会』に開催することで、皆様が普段使うエネルギーも見つめ直していただけるよう提案しています。(詳細はこちら

個人向けグリーン電力証書「えねぱそ」発売から半年余。500枚突破が目前で、25万kWhがグリーン電力化されようとしています。そこで、関係者や興味のある人が一同に会し、さらにグリーン電力を広めて行くきっかけにしたいと思います。第1部では、映画でドイツの先進事例に学び、第2部では、池田香代子さんをゲストにお迎えし、飲食を楽しみながら、トークやスピーチで交流を深めたいと思います。お誘いあわせのうえ、奮ってご参加ください。

日時:2012年7月20日(金) 18:15~21:00(開場18:00)

会場:四谷地域センター12F多目的ホール(東京都新宿区内藤町87)
※四谷区民ホールが9Fにあるビルの最上階です。
※地下鉄丸ノ内線「新宿御苑前」駅2番出口(大木戸門口)より徒歩5分
新宿通りを四谷方面に進み新宿一丁目交差点角(大木戸門そば)

内容:
第1部:「シェーナウの想い」上映(18:15~19:15)
第2部:「えねぱそ」交流会(19:20~21:00)
①池田香代子さん×竹村英明さん「えねぱそ」トーク
②パートナー&スタッフ紹介
③出席者ひとことスピーチ
④表彰式&アトラクション(下記◆参照)

会費:第1部=無料(第1部のみ、第2部のみの参加も可能です)
第2部=「えねぱそ」会員1500円(会員証をお持ちください)
学生=1500円(学生証をお持ちください)
一般=2000円(どなたでも参加できます)
※立食形式で飲食をご用意します。

申込:7月16日(火)までに こちらのメールフォーム か もしくは、FAX 020-4666-4343 あてにお申し込みください。

主催:エナジーグリーン(株)
共催:えねぱそパートナーズNPO法人エコツーリズム・ネットワーク・ジャパン

備考:会場はスリッパに履き替えるつくりになっています。夜景がきれいな会場です。

◆表彰式
昨年度(2011年4月~2012年3月)、ご自宅の使用電力を100%「えねぱそ」でグリーン電力化できた方は、7月12日(木)までに、こちらのメールフォームから消費電力量をお知らせください。当日マスター会員として表彰し、記念品(グリーン電力付特製エネループ充電器セット)を贈呈します。

なお、当日お越しの方で、えねぱそ通算購入枚数が一番多かった方にも記念品を差し上げます。

◆アトラクション
今年度(2012年4月分~)の「電気ご使用量のお知らせ」で、使用量が一番小さかったものを1枚お持ちください。家族の人数で割って、一番使用量が少なかった方にも記念品を差し上げます。そして、もちろん最後は全員ジャンケンも?!

●映画紹介/ シェーナウの想い~自然エネルギー社会を子どもたちに
ドイツにある小さなまちシェーナウの親たちが、チェルノブイリ原発事故をきっかけにドイツ史上初の自然エネルギーの電力供給会社を誕生させるまでの軌跡を綴るドキュメンタリー。2008年ドイツ製作(60分)。

●ゲスト&ホスト プロフィール
池田香代子さん
・翻訳家・ドイツ文学者・児童文学者
・ 『世界がもし100人の村だったら』著者
・平和運動家・エッセイスト
・「えねぱそ」愛用者

竹村英明さん
・環境エネルギー政策研究所(ISEP)顧問
・東日本大震災つながりぬくもりプロジェクト 事務局長
・eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)アドバイザー
・エナジーグリーン株式会社副社長
・「えねぱそ」考案者

カテゴリから関連する記事をさがす
お知らせイベント
タグから関連する記事をさがす

タグはありません。

スウェーデンの民主主義と若者〜環境党の事例から

イベント2012/06/13
  • 日程
    2012年6月17日(日)14:00〜16:00
  • 場所
    東京都新宿区歌舞伎町2-19-13 ASKビル4・5階

2012年2月4日(土)~11日(土)8日間の「持続可能な社会を目指すスウェーデン市民と出会う旅」で、留学生という立場で現地の若手議員との繋ぎ役をしてくださった小串聡彦さんが生活者ネットワークのセミナーでスウェーデンについてお話しされます。

原発是非を国民投票で問うたスウェーデン。18歳から選挙権、被選挙権があり、20代の投票率が70%を超えるスウェーデン。スウェーデンの環境党に入り、実際に現地で同世代の若者とも政治活動をしている小串氏を報告者に招き、スウェーデンの民主主義と若者をテーマに情報共有をします。なぜ若者の政治参加が活発か日本と何が違うか考えます。

報告者:小串 聡彦さん
(ウプサラ大学•国際政治の修士課程に在籍。主にヨーロッパでの国際関係を研究。スウェーデン環境党党員 ウプサラ大学修士2年。)

日時:2012年6月17日(日)14:00〜16:00

場所:東京・生活者ネットワーク4階会議室

参加費:300円

主催:昭島・生活者ネットワーク

問合せ:担当おおたけ 090(2935)4269 otaka@aurora.dti.ne.jp

現在、募集中のスウェーデンツアーは以下になります。

未来に希望のもてる教育とエネルギー政策を求めて!
持続可能な社会を目指すスウェーデン市民と出会う旅

■日程 2012年9月8日(土)~15日(土)8日間

カテゴリから関連する記事をさがす
お知らせイベント
タグから関連する記事をさがす

タグはありません。

『北海道森林スポーツフェスタ2012』の当日の開催状況はこちら

イベント2012/06/07
  • 日程
    2012年7月8日(日)午前6時
  • 場所
    北海道札幌市南区定山渓国有林

おかげ様で天気にも恵まれ、無事に終了することができました。

マラソンの完走者数は
A1/173名
A2/259名
A3/70名
A4/62名
B1/108名
B2/96名
合計 768名 でした。
マラソンの個人成績は、こちらからご確認ください。

森林浴ウオーク、ノルディックウォーキングの完歩者数は
森林浴ウォーク/98名
ノルディックウォーキング/68名
合計 166名 でした。

来年もご参加お待ちしております。

北海道森林スポーツフェスタ大会運営事務局
(リボーン内)

(さらに…)

『北海道森林スポーツフェスタ2012』をプロデュースしています。

イベント2012/05/19

今年で15年目となる環境保全型スポーツイベントです。健康な心と体をつくりながら 、森を大事にすることで、CO2まで減らしていくことも目指しています。

  • 日程
    2012年7月8日(日) ※申込締切6月13日(定員になり次第締め切ります)
  • 場所
    北海道札幌市(定山渓)

リボーンでは、『北海道森林スポーツフェスタ2012 in 定山渓』をプロデュースしています。

「森」は生きるための酸素、水を生み出す命の源泉。

大切なことは誰でも知っている。
その「森」が地球上から確実に急速に失われて
来ていることも多くの人が知っている。
どうしていいのかわからない。
そこで、わたしたちは提案します。
「森」を語るより、まず「森」に入ろうと。
「森」はもっと身近な存在だったはず。
「森」の大切さを声高に訴えるより、
「森」の楽しさを自分の体で「エコスポーツ」を通じて、もっと自然なつき合い方がわかるかもしれません。
北海道の緑豊かな国有林がお待ちしております。
こんなおさそいで、年を重ねて、今年はおかげさまで15回目となります。
特に温暖化対策が待ったなしとなった現在、循環型社会モデルの体験を通じて、健康な心と体をつくりながら 、森を大事にすることで、CO2まで減らしていくことも目指しています。
これからも「森」を増やす、維持する、大切にする、続ける。
今年も定山渓の森でお会いしましょう!
(さらに…)

『原発がゼロかもしれない日、スウェーデン・日本交流会』を行います。

イベント2012/05/02

スウェーデンのツアーに参加した経験のある方、これから参加してみたい方、参加者の経験を聞きたい方はぜひお立ち寄りください。

  • 日程
    2012年5月6日(日)19:00-21:00
  • 場所
    from Earth Cafe OHANA (ふろむあーすカフェ・オハナ)

5月5日のこどもの日に日本の最後の原子炉が止まる予定になっています。
再稼働はもめたままで行くと日本はゴールデンウィークの最後の日から原発ゼロの国に。仲間と共有したい歴史的な日なので、交流会を開催します。
軸は一応、スウェーデンのツアーに参加した経験のある方、これから参加してみたい方、参加者の経験を聞きたい方ですが。。。
ただ「楽しそうなので参加したい!」、「その日は寂しいから参加したい」のでもよいです。
一週間前の呼びかけなので集まる仲間だけでも集まりましょう。
Lena Lindahl 12/04/28
(さらに…)

カテゴリから関連する記事をさがす
お知らせイベント
タグから関連する記事をさがす

タグはありません。