「土と平和の祭典2011in神崎」直行天ぷらバス

イベント2011/10/31

終了しました。来年をお楽しみに!

  • 日程
    2011年11月20日(日)日帰り
  • 場所
    千葉県神崎町(わくわく西の城)

イベント会場まで新宿から「天ぷらバス」直行します!

神崎町という、千葉県で一番小さい町があります。この町では利根川河畔の豊かな自然の中、昔からの発酵文化が息づいています。
酒造り・豆腐・味噌・パン・有機農家・不耕起栽培、そして人。ぷくぷくと発酵することで、身体も心も、うきうきわくわくして活性化していきます。
このお祭りでは、今年無事に収穫された食物と大地に感謝し、これからの私たちのライフスタイルをもう一度みなさんと一緒に見直したいと思います。講演・ワークショップ・音楽を通して、それぞれが目指すスローライフを考えて行きましょう!

『土と平和の祭典』は、「大地に感謝する収穫祭」をコンセプトとして、「農」を切り口に「地球環境」と「平和」をメインテーマにしたイベントです。これまでは、都市部で開催し、主に都市生活者に向けて開催してきましたが、より地域に根ざした祭りとして、農村版「土と平和の祭典」を発酵の里、千葉・神崎町で開催します。

【詳細】
●日程:
2011年11月20日(日)
●場所:
千葉県神崎町(わくわく西の城)
●費用:
お一人 4,000円
※往復バス代、保険代、雑費として
※昼食代金、入場料1,000円(中学生以上無料)は含まれていません。
●募集人数 :
45名(最小催行人員30名)
●行程:
07:45 新宿駅西口明治安田生命ビル前 集合
08:00 出発
10:00 土と平和の祭典2011in神崎 会場到着
(自由行動)
17:30 出発予定(GOCOOコンサート終了後バスが出ます)
20:00 新宿駅西口到着/解散予定
※天候や交通状況などの事由により変更する場合もあります。

●協力:
土と平和の祭典2011in神崎

(さらに…)

天ぷらバスで行く!スタディツアー「エネルギーをつくろう会 バイオガスでエネルギー自給inやさと」

イベント2011/10/05

終了しました。

  • 日程
    2011年10月30日(日)日帰り
  • 場所
    茨城県石岡市(八郷廃給食センター/暮らしの実験室)

3.11から半年が過ぎました。悲惨を極めた福島第1原発事故はまだ終息のめどもたたず、私たちの生活を脅かしています。
そのような中で私たちに何かできることはないのでしょうか?
そうです!それがバイオガスです。家畜の糞尿やおからから自分たちの使うエネルギーを作り出すことができるのです。しかもプラントは手作りできます。

そこで長い間バイオガス普及のための活動をされてこられた埼玉県小川町のぶくぶく農園・桑原衛さん(バイオガスキャラバン主宰)をお招きし、実際の作り方、使い方などをお話していただきます。
当日は青空やさとカフェを開催してバイオガスがどんな炎を出すのか実際に見ていただくことができます。
原発に頼らなくても自分たちでエネルギーを作ることができるのだという希望が心に湧いてくる会にしたいと考えています。

移動も天ぷらバスでカーボンオフセット!
移動中も自然エネルギーについて考えて、より学びある一日にしましょう。
既存のエネルギーをただ否定するのではなく、
自分たちでエネルギー作れちゃうんだ!?の前向きな一歩。
みなさまのご参加をお待ちしています!!!

【ツアーの詳細】
■日 程 :
2011年10月30日(日)

■参加費用:
3,000円
※往復バス代、保険代、雑費として
※昼食代金、プログラム参加費500円(1ドリンク付き)は含まれていません。
※このツアーは、新宿区の平成23年度NPO活動資金助成を受けています。

■募集人数 :
25名(最小催行人員15名)

【行程】
08:45 新宿駅西口集合・受付
09:00 新宿駅西口出発
(天ぷら油リサイクルバスにてやさとへ、車内で自己紹介など)
途中 VTRなどを使用しBDFやエコツアーの学習など
11:00 暮らしの実験室到着
畑などの見学
12:00 やさとカフェ 開店
(自然エネルギー・バイオガスでカフェ&青空市)
14:00 ぶくぶく農園 桑原衛さんのお話
(桑原さんを囲み参加者みなさんでトーク)
16:00 暮らしの実験室出発
19:00 新宿到着・解散予定
※尚、当日の交通事情により、帰りの際の到着時間が変更となる場合もあります。予めご了承下さい。

●○やさとカフェとは○●
自分たちの暮らす茨城県石岡の八郷エリアに、地元の人たちと繋がれる「コミュニティカフェ」をつくりたいと考えています。
やさと産の食材を使った料理や、やさとの間伐材を使ったインテリア、ぷらっと立ち寄れば必ず誰かに会えたり、地域の情報を交換できたりする空間。
3.11を経て、私たちはこれから日々の選択や暮らしを通して、未来にどんな足跡を残していくのか。
誰とどんな繋がりを持ち、ひとりひとりがどんな役割を果たしていくのか。
そこに暮らし関わる人たちが、きちんと顔と名前と人生を持ったひとりの人として周囲に認識されその価値を尊重される、
そんな地域になったらいいなあという思いで、みんなでワイワイやさとカフェ作りに励んでいます。
もちろんカフェで使うエネルギーは自然エネルギー、ということでバイオガスもその選択肢のひとつです。

■エコツーリズムプロデューサーも同行!
壱岐 健一郎(エコツーリズム・プロデューサー)
1954年8月22日生まれ。宮崎県出身。青山学院大学文学部卒。近畿日本ツーリスト退社後、循環型社会の構築の一翼を担うために、2000年春「リボーン(REBORN=蘇る)」を設立。天ぷら油リサイクルバスによる都市と農山漁村交流エコツアーやカーボンニュートラルを意識したボルネオ、ニュージーランド、ヨーロッパ環境先進国などのライフスタイル体験ツアーを運営。エコツーリズム・プロデューサーとして活躍中。
リボーン<エコツーリズム・ネットワーク>代表取締役。NPO法人エコツーリズム・ネットワーク・ジャパン代表理事。

■ツアー主催:
NPO法人エコツーリズム・ネットワーク・ジャパン

■イベント主催:
やさとカフェ

天ぷらバスで行く!ヤマキ御用蔵 見学エコツアー

イベント2011/03/08

終了しました。おかげ様で、今年はバス2台満席でした!

  • 日程
    2011年4月17日(日)日帰り
  • 場所
    埼玉県児玉郡神川町 ヤマキ御用蔵グループ

皇室へも献上している醤油・味噌を作るヤマキ醸造。

桜の咲く素晴らしい時期に、ヤマキ御用蔵の訪問はいかがですか?

明治35年創業の御用蔵は、味噌・醤油蔵から始まり、百年を越えるものづくりを続けています。国産大豆を使った上品な味わいの醤油や味噌は、天皇陛下にも献上しています。

地元神川町に農業法人「豆太郎」をつくり、50年に渡って自然農に取り組んできた須賀さんに栽培指導をお願いして原料となる大豆や小麦をつくったり、仕込み水の源流となる森林の保全にも取り組むなど、企業として環境の保全と安全な食の提供にも取り組んでいます。

【ツアーのポイント】

①蔵見学

普段は入ることのできない、蔵の中に入ります。

醤油がどのように造られているのか、ヤマキ醸造の方にじっくりご案内いただけます。

②美味しいものがたくさん!

豆乳ソフトクリーム、味噌ソフトクリームや、おからドーナッツ、うの花まんじゅうなど、ヤマキ醸造オリジナルの美味しいものがたくさんあります。

初めての方は、昼食は「紫水庵」での食事がオススメ!

・紫水庵の会席膳(弁当+お味噌汁+デザート)1500円 ※要予約

③畑の見学

知らなければ通り過ぎてしまう畑ですが、こだわりの有機農法の畑です。

ヤマキ醸造の方にご案内いただきます。

④オプションで体験教室もあります!

桜の咲くヤマキ御用蔵でゆっくり時間を過ごすのもいいですが、

オプションで体験教室はいかがですか?

・お豆腐作り体験・・・500円/時間30分程度 ※要予約

(150g程度の手作り出来たてのお豆腐がその場で召し上がれます)

・醤油搾り体験・・・1000円/時間30分程度 ※要予約

(醤油小瓶に手搾りの醤油を詰めて手作りのお土産として持ち帰りできます。)

自分で作った作り立ての醤油&豆腐はとてもおいしいですよ!

【ツアーの詳細】

日  程 : 2011年4月17日(日)

旅行代金 : 大人 5,000円、小人 4,000円(小学生以下)

※貸切バス代・保険代含む

※会場内でのプログラム参加費・飲食代は除く

※オプション料金は別途かかります

募集人数 : 先着順で定員になり次第〆切ります。

【行程】

08:00]新宿駅西口出発=[10:00~15:00]ヤマキ御用蔵=[18:00]新宿駅西口解散予定

※ツアー内容は天候や交通状況などの事由により行程が変更する場合もあります。

【協力】

ヤマキ御用蔵グループ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

予定されておりました、ヤマキ御用蔵まつりは、

震災の影響により、御用蔵「春まつり」は中止となりました。

ヤマキ御用蔵グループによる「春まつり」中止のお知らせはこちら

しかし、ツアーは中止せず、ヤマキ醸造の見学&体験をメインとした内容に変更し、催行していきます。

ヤマキ醸造ご担当者様からは、「このようなのときだからこそ是非お越しいただきたい。」というお言葉をいただいております。

ぜひご参加ください。

申込書 (さらに…)

寺田本家お蔵フェスタ 2011直行 天ぷらバスツアー

イベント2010/12/31

地震の影響により、中止となりました。今後の対応についてはトピックスをご覧ください。

  • 日程
    2011年3月13日(日)
  • 場所
    千葉県香取郡 酒蔵/寺田本家

年に一度のお蔵開きがまたやってきました!

 

おかげ様でバス4台目も満席となりました。
天ぷらバスもフル稼働ですのでこれ以上はバスがありませんので、キャンセル待ちとなります。

 

昨年、ためしてガッテンの酒かす料理で特集されて以降、更に人気を増した寺田本家。今年も年に一度のお蔵開きの時期がやってきました。この機会に、一度寺田本家を訪れてみませんか?寺田本家ファン、お酒好きの方はもちろん有機農業やLOHASな暮らしに興味ある方にもオススメです。
発酵文化のまち神崎めぐり、寺田本家と仁勇鍋店さん周辺の街道全体が会場となります。発酵製品をはじめとした露店等が並び、祭囃子や管楽器も奏でられます。

昨年のお蔵フェスタは、お天気に恵まれ推定5万人の方が来場されました。年々人気となり、天ぷらバスも満席状態でしたので、お早めにお申込ください。

 

【ツアーのポイント】

天ぷらバスでらくらく移動

お蔵フェスタはやはり、試飲・購入も目的の一つ。そうなると車での移動はできません。電車での移動も少し面倒・・・。そのような方には当ツアーがオススメです。新宿発着で、寝ていても目的地に到着します。ご家族、ご友人皆さまでお蔵フェスタをお楽しみいただけます。

 

②寺田本家の事前学習

お蔵フェスタへ向かうまでに、寺田本家や神崎町の事前学習。お蔵フェスタのオススメポイントなどお知らせします。

 

③お蔵フェスタ限定のイベントあり

酒粕酵素風呂足湯、発酵トークライブ、ぷくぷくっと発酵体験などが予定されています。お蔵フェスタのときにしかない限定のイベントです。

 

④発酵文化のまち神崎の美味しいものがたくさん!

寺田本家だけでなく、味噌やパンなど発酵製品をはじめさまざまな露店もたくさん並びます。

 

【ツアーの詳細】

日  程 : 2011年3月13日(日)

旅行代金 : お一人 4,000円(大人・小人共通)

※貸切バス代・保険代含む

※会場内でのプログラム参加費・飲食代は除く

募集人数 : 先着順で定員になり次第〆切ります。

 

【行程】

08:00]新宿駅西口出発=[10:00~15:00]こうざき発酵の里(現地到着後、自由行動)=[18:00]新宿駅西口解散予定

※ツアー内容は天候や交通状況などの事由により行程が変更する場合もあります。

 

【協力】

寺田本家 トージバ

 

 

【グリーンツアー】organic farmの年に一度の収穫祭へ行こう!

イベント2010/10/31

終了しました。 次回ツアー「ベーコン作り体験」も募集開始しております。

  • 日程
    2010年10月31日(日)日帰り
  • 場所
    茨城県石岡市・organic farm 暮らしの実験室


茨城県石岡市で共同生活をしながら、野菜や肉、卵をつくり、都市に暮らす会員に届けている 「organic farm 暮らしの実験室」は、有機栽培の畑はもちろん、鶏、山羊、そしてみんなのアイドル、ブタ&子ブタが仲よく暮らす家畜を取り入れた循環型農園。農的暮らしに関心を持つ若い世代が移り住み、何やら近頃、暮らしに盛り上がりを見せています。

年に1度の収穫祭には、会員さんや常連さん達が大集合! 最近は、暮らしの実験室の生活を都市でも実践していこうと、シェアハウスで共同生活をしている若者達「やかまし村」も加わり、ますます賑やかになっています。スタッフも気合い十分。きっと楽しい1日になりますよ!

 

☆organic farm 暮らしの実験室はこんなところ☆

「いたるところにfarm(農場)を、いたるところをfarmに」

この農場を人と人、人と自然、生き物たちが出会う場所と考え、都市と農村、人と自然が共生する暮らし方へのチャレンジを続けています。チャレンジ、それはつまり実験。だから「organic farm 暮らしの実験室」というわけなのです。前身は1974年に立ち上がった「たまごの会」。都市生活者が安全な食べ物を自分達で手に入れようと、農業を志す若者たちと一緒に会員制の農場をつくったのが始まりでした。現在は世代交代が進み、20-30代の若者たちが中心となってひとつ屋根の下の自給暮らしを満喫中。会員への配送やマーケットで販売する野菜、たまご、豚肉をつくっている他、トラスト制の大豆栽培「大豆レボリューション」に取り組んだり、都市から来た若者たちとイベントを開催するなど、週末ごとに盛り上がりをみせています。そんな元気なスタッフとかわいい豚ちゃん達の待つ農場へ、天ぷらバスで一緒に出掛けてみませんか?帰りには何倍も元気になっているはずですよ!

 

■参加費

大人 7,000円

小人 5,000円 (小学生以下)

昼食、新宿発着天ぷらバス代込み

幼児は無料(座席、食事、体験なし)

■募集定員

45名(最少催行人員20名)

■行程

08:00 新宿駅西口出発予定

<首都高・常磐道>→石岡・千代田IC

10:00 暮らしの実験室到着

10:30 収穫祭開始

12:00 ランチパーティー

14:00 ステージパフォーマンス

16:00 収穫祭終了

16:15 暮らしの実験室出発

19:00 新宿駅西口到着予定
※交通状況などの事由により行程が変更する場合もあります。ご了承ください。


 






 




 

organic farm 暮らしの実験室 ツアー情報

ウラ面(今後の日程など)

 

申込書

(さらに…)

シュタイナー学園の「あしたの国まつり」を天ぷらバスで訪ねるエコツアー

イベント2010/10/23

終了しました。

  • 日程
    2010年10月23日(土)日帰り
  • 場所
    千葉県長生郡長南町・あしたの国シュタイナー学園とピクニック広場周辺

「あしたの国まつり2010 つなげよう、あしたへ 」

待ちに待った祭りです。この秋、あしたの国では「あしたの国まつり」を企画しています。
都会の喧噪から離れた緑豊かな里山には、少しずつ手を入れて、

子どもたちの大好きなピクニック広場があり、ツリーハウスづくりも進行中です。

子どもたちも成長を支える大人たちも、自然の恵みをいっぱいに受け、元気です!
今年も、たくさんの方に「あしたの国」を知っていただきたいという思いで心を込めて、
保護者の方を中心に『あしたの国まつり』の準備をしています。

普段ひっそりと子どもたちを見守る里山をまつりのために開放し、手作りのおいしいもの、おもちゃなどを用意し、皆さまをお迎えしてくださいます。

朝の「はじまりの会」から、15時の「さよならの会」までの一日を、

あしたの国の里山と学園でお過ごしください。

今回、初めての試みですが、保護者の方からのリクエストがあり、

【天ぷらバス】の東京からの日帰りバスツアーを企画しました。

東京から学園まで直接お越しいただけます。環境に優しいバスツアーを、どうぞご検討ください。


☆ツアー参加特典1☆

ツアーにご参加のお客様に限り、トークセッション・人形劇・ライアーコンサートのいずれかに入場できる1000円分の有料プログラム優待券をプレゼントいたします。

 

☆ツアー参加特典2☆

優待券のほかに、小さなお土産もつきます。

 

☆ツアーお徳情報☆

車内では、学園保護者によるあしたの国の予備知識と当日の詳しい説明が聞けます。

※東京駅から特急電車とバスで往復した場合5260円。(片道内訳:JR普通乗車券1280円プラス特急自由席料金900円と路線バス450円)


■日程:

2010年10月23日(土) 10時から15時(雨天時、学園のみで決行)

■場所:

NPO法人あしたの国まちづくりの会

あしたの国シュタイナー学園とピクニック広場周辺 (千葉県長生郡長南町)

■募集定員:

45名(最少催行人員:30名)

■参加費用:

大人6,000円

小人4,000円(小学生以下)

(往復天ぷらバス代、保険代、旅程管理費)

※片道のみのご乗車も半額にて受付させていただきます(ツアー特典はつきません)

■行程:

東京駅出発 8:00=<天ぷら油バス:あしたの国>=18:00 東京駅帰着

☆☆<まつりの内容>☆☆

<<シュタイナー学園にて>>
○あしたの国の歴史紹介、教室展示、手仕事体験、
○昔あそびコーナー、手作り品などの模擬店。
○トークセッション:

NPO法人あしたの国まちづくりの会・理事の子安美知子とマクロビオティック第一者でブラウンズフィールド主宰の中島デコによる豪華な対談。
○人形劇:

ウォルドルフ人形作家でシュタイナー園の保育士である角口さかえが演じるファンタジーの世界。
○ライアーコンサート:

癒しの調べを市川ライアーの会の演奏でお楽しみください。

≪ピクニック広場にて≫
竹ドームの中で遊びましょう!アースオーブンでピザやパン、ケーキを
焼きましょう! ※悪天候の時は計画に変更がある場合もございます。

09:55 開場
10:10~10:20 オープニングイベント
10:30~11:30 子安美知子と中島デコのトークセッション

要予約 大人\1,000 子ども無料
11:40~12:10 ウォルドルフ人形作家、

保育士の角口さかえによる人形劇

要予約 大人\1,000 子ども \500(三才以下無料)

13:20~13:40 市川ライアーの会によるライアーコンサート

要予約 大人\1,000 子ども\500

14:20~14:50 ウォルドルフ人形作家、

保育士の角口さかえによる人形劇

要予約 大人\1,000 子ども\500(三才以下無料)
14:55~15:00 さよならの会

(予定は講師や天候などの都合で変更する場合もございます。)


≪まつり内での有料イベントはオプション料金となり予約制ですので

イベント内容 を確認の上、あしたの国まつり

(リンク先 contact.ashitanokuni@gmail.com ) よりお申し込みください≫

●その他詳細はNPO法人あしたの国まちづくりの会ブログ
http://morgenhp.jugem.jp/

★あしたの国ホームページhttp://www.ashitanokuni.jp/
お問い合わせ;あしたの国まつり実行委員
contact.ashitanokuni@gmail.com

申込書

(さらに…)

ヤマキ御用蔵祭り 天ぷらバスツアー

イベント2010/03/02

終了しました!

  • 日程
    2010年4月18日(日)
  • 場所
    埼玉県児玉郡神川町

リボーン初登場!!

ヤマキ御用蔵の方々の「たくさんの方にお祭りに来てもらいたい…」という思いがツアーになりました!

御用お蔵祭り

有機の国産100%大豆で作る醤油に熱烈なファンも抱えるヤマキ醸造。

そんな醤油がどのようなところで作られているか見てみたくないですか?

せっかくですから、年に一度の春の御用蔵まつりに行ってみましょう!

城峯公園や桜山公園の桜が咲く頃、直売店糀庵にて開催致します。お祭り価格の美味しい食品や陶器・漆器のびっくり市などの出店も沢山!大好評の「お祭り限定紫水庵膳」も予定されています。もちろん蔵や工場、畑の見学も!合唱団やフラダンスなど毎年楽しい催し物もありますので、お花見も兼ねて、ぜひ行ってみましょう!

■バス代金
お一人様 大人5,000円 小人4,000円
(座席を利用しない幼児は無料)

※旅行代金に含まれるもの(貸切バス代・保険代)

(御用蔵祭り会場内での飲食代は含まれておりません。)
■募集人数  45名限定

(先着順で定員になり次第締め切ります)

■行程

新宿駅西口 8:00=<首都高・関越道>=神川町・ヤマキ醸造=18:00新宿
★桜の花と農産物の収穫を願う「御用蔵まつり」参加
★無農薬国産100%大豆使用の老舗「ヤマキ醸造所」見学
★有機農業の草分け「豆太郎」の畑と田圃見学・解説
農業生産法人「豆太郎」を指導するのは約50年前から
独自の有機農法をを実践してきた須賀一男さん。
有吉佐和子著「複合汚染」に篤農家として紹介されました。
※ご希望の方を首都圏の水がめ下久保ダムや水源涵養林にもご案内します。

★天ぷら油リサイクルバスでカーボンオフセット!


“エコブーム”で“エコツアー”も多く見かけますが、CO2を撒き散らして移動するバスツアーに違和感はありませんか?

 

リボーンの「天ぷらバス」は違います!

ご家庭で揚げ物などに使った植物油・または消費期限切れの油などを、捨てずにリサイクルして精製した油、BDF(バイオ・ディーゼル・フューエル)を燃料として走るバスです。

BDFをは同じくCO2を排出するものの、大気中のCO2を吸収して成長する植物から作られたため、プラスマイナス0と国際的に見なされています。(カーボンニュートラル)

徹底的にこだわったエコツアーを体験してみませんか?

■協力

ヤマキ醸造 TOKYO油田2017

申込書

(さらに…)

寺田本家お蔵フェスタ 天ぷらバスツアー

イベント2010/02/26

終了しました!

  • 日程
    2010年3月14日(日)【日帰り】
  • 場所
    千葉県香取郡 酒蔵/寺田本家

年に一度のお蔵開きへごいっしょしましょう!

お酒好きの方はもちろん有機農業やLOHASな暮らしに興味ある方もこの機会に是非ご参加ください。
今年は第12回仁勇蔵祭り同時開催!
発酵文化のまち神崎めぐり、寺田本家と仁勇鍋店さん周辺の街道全体が会場となります。発酵製品をはじめとした露店等が並び、祭囃子や管楽器も奏でられます。


おかげ様で天ぷらバス4台とも満席となりました!
来年もよろしくお願い致します。
■バス代金
お一人 4,000円(大人・小人共通)(座席を利用しない幼児は無料)
※旅行代金に含まれるもの(貸切バス代・保険代)


(お蔵フェスタ会場内での飲食代/プログラム費等は含まれておりません。)


■募集人数 (先着順で定員になり次第締め切ります)

■行程

新宿駅西口明治安田生命ビル前発8:00頃=<首都高・東関東自動車道>=大栄IC寺田本家お蔵フェスタ参加 16:00出発

=大栄IC=<東関東自動車道・首都高>=新宿着18:00頃


★天ぷら油リサイクルバスでカーボンオフセット!

“エコブーム”で“エコツアー”も多く見かけますが、CO2を撒き散らして移動するバスツアーに違和感はありませんか?

 

リボーンの「天ぷらバス」は違います!

ご家庭で揚げ物などに使った植物油・または消費期限切れの油などを、捨てずにリサイクルして精製した油、BDF(バイオ・ディーゼル・フューエル)を燃料として走るバスです。

BDFをは同じくCO2を排出するものの、大気中のCO2を吸収して成長する植物から作られたため、プラスマイナス0と国際的に見なされています。(カーボンニュートラル)

 

徹底的にこだわったエコツアーを体験してみませんか?

協力: 寺田本家 トージバ TOKYO油田2017

申込書

(さらに…)