リボーンは『ヘルス』&『エコ』ツーリズム。ココロとカラダが活き活きとなる旅をプロデュースしています。

【グリーンツアー】黒大豆の枝豆収穫&豆腐づくり体験エコツアー

終了しました。 1月ツアーをお楽しみに!

  • ■日程
    2010年10月23日(土)日帰り
  • ■場所
    千葉県神崎市

天然酒でおなじみの酒蔵・寺田本家。映画『降りてゆく生き方』のモデルのひとつにもなり、ますます注目を集めている千葉県神崎町では、「発酵の里 こうざき」をテーマに地産地消の地域づくりが進んでいます。

キーワードは、地元産のオーガニック農産物と発酵食品。

こうざき自然塾の鈴木さんの畑での枝豆収穫は、なんと黒大豆。昨年の「土と平和の祭典」でも販売し、売切れました!とれたての枝豆付きのお昼ご飯を食べた後は、鈴木さんの大豆で豆腐づくり体験。その後、うまいと評判で売切れてしまうほど人気の地元の豆腐屋「月のとうふ」を訪問し、豆腐づくりを体験します。

 

酒蔵・寺田本家の見学も!!

☆発酵の里・こうざきはこんなところ☆

「微生物と共生する発酵で、地産地消の地域づくり」

「発酵」をキーワードに地域づくりをすすめる神崎町。平成の大合併をくぐり抜け、千葉県で一番小さな町として残ったここは、かつては多くの酒蔵が立ち並ぶ発酵の町として栄えていましたが、今では「寺田本家」と「仁勇」の2つが残るのみ。機械や消毒薬の使用をやめ、昔ながらの手仕事での酒寺込みを復活させた「寺田本家」は、当主寺田啓佐さんの著書『発酵道』や、『発酵道』をモデルのひとつにしている映画『降りていく生き方』で、さらなる注目を集めるようになりました。寺田本家が中心となって毎年3月に開催している「お蔵フェスタ」には、人口6,600人程の小さな町に、3万人を越える人がやってくる一大イベントに成長しました。そんな神崎町の魅力を掘り起こし、もっと広く伝えていこうと立ち上がったのが「こうざき発酵の里協議会」。「発酵」をキーワードに、有機農産物の生産と加工を結びつけた、地産地消の食づくりが、若い世代を中心に支持を集めています。

 

地元住民と移住者が一緒になって町を元気にしている取り組みは、あなたの地域でも参考になるはず。ぜひご参加ください。

■参加費

大人 7,000円

小人 5,000円(小学生以下)

昼食、新宿発着天ぷらバス代込み

■募集定員

25名(最少催行人員10名)

■行程

 


[08:00] 新宿駅西口出発=こうざき自然塾

[10:00] にて、枝豆収穫と豆腐づくり・昼食

月の豆腐訪問と買い物

[15:30] 出発

[18:00] 新宿駅西口到着予定
※交通状況などの事由により行程が変更する場合もあります。ご了承ください。


 






 

●こうざき発酵の里協議会 ツアー情報

●ウラ面(今後の日程など)

 

●申込書

 

2010.10.23 18:59:23

 

 

 

 

 

※写真は、昨年のこうざきの大豆収穫と、豆腐づくりの様子です(イメージ)。

印刷用ページ約款メールでお問合せ電話、ファックスでお問い合せ